Edius Pro 8 基本講座

GV Browserの機能と画面構成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、EDIUS Proに搭載されている、ビデオ素材を整理・管理するためのプログラム、「GV Browser」の機能と、その画面構成について解説します。
講師:
03:14

字幕

ここでは、Edius Pro に搭載されているビデオ素材を整理・管理するためのプログラム、GV Browser の機能とその画面構成について解説いたします。Edius Pro をインストールするとデスクトップにはEDIUS 8 とGV Browser という2つのアイコンが配置されます。このうちの GV Browser アイコンをダブルクリックするとGV Browser が起動します。尚、初めて GV Browser を起動する時には素材の保存場所のフォルダーを指定することができます。ダブルクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。ここで+マーク、クリックします。ここでフォルダを選択するダイアログボックスが表示されますのでここでどこに保存するか保存先のフォルダーを選択します。フォルダを選択したら「フォルダーの選択」このボタンをクリックします。選択すると、指定したフォルダー名が表示されます。これで OK ボタンをクリックします。GV Browser を起動するとこのような画面が表示されます。2回目以降 GV Browser を起動すると最初にこの画面が表示されます。まず、画面の構成ですが左上、「ファイル」「表示」「編集」「設定」「ヘルプ」等のメニューがありますがこれがここからコマンドを選択して実行できるメニューバーになります。 その他、この虫眼鏡のアイコンですがここが検索バーになりますね。その下は取り込んだサムネイルの表示する種類例えば、データによって切り替えることができますがその種類を切り替えるための切り替えバーになります。その下が、ここが取り込んだクリップのサムネイルを表示するためのサムネイルペインと呼ばれるエリアになります。この左ですが、こちらはサイドバーと呼ばれています。サイドバーには「ライブラリ」と「フォルダ」という2つのパネルが登録されています。また右側には、まだ今何も表示されていませんが取り込んだクリップを選択するとそのクリップの様々な情報が表示されるプロパティーペインというエリアになっています。こうした画面を使いながら素材を管理していきます。またこの全体のレイアウトですがレイアウトを切り替える時にはここのツールバーと呼ばれていますが4つあるボタンをクリックしながらレイアウトを切り替えて使いやすい状態で操作していくことが可能となっています。ここでは、Edius Pro に搭載されているビデオ素材を整理・管理するためのプログラム、GV Browser の機能とその画面構成について解説いたしました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。