Edius Pro 8 基本講座

絞り込み検索を利用とグループ化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、「絞り込み検索」を利用してスピーディに目的のクリップを探し出す方法と、検索結果を「スマートカタログ」として登録する方法について解説します。
講師:
08:09

字幕

ここでは絞り込み検索を利用してスピーディーに目的のクリップを探し出す方法とその検索結果をスマートカタログとして登録する方法について解説します。最初に絞り込み検索を実行する前に各クリップに対して評価というものを設定してみたいと思います。GV Browser に取り込んだクリップはそれぞれ星の数によって評価を設定することができます。評価は星1つから星5つまで5段階で評価できます。この評価を設定するとその評価を利用して絞り込み検索ができるようになります。まずクリップに評価を設定してみたいと思います。サムネールピンに表示されているサムネールですけど今回は動画だけを表示してみたいと思います。切り替えまで動画を選択して動画だけを表示します。次にサムネールをクリックします。そうすると、右側にプロパティペインというものが表示されます。プロパティペインではクリップの情報ですとかあと、ここで評価を設定できるんですけどここの上の所に星があります。星が1・2・3・4・5個グレーで表示されています。この星の部分をクリックすると星が1個、2個、3個、4個、5個という風に設定できます。✕マークをクリックすると評価を削除できます。 例えば、このクリップにたいして今回は星3つを評価したという風に設定をしておきます。また、他のクリップに対しても同じように選択して評価を設定します。あるいは他のクリップ今3つ選択しましたけど今度は4つ、このクリップに対して評価を設定しておきます。また他のクリップにたいしても4つ設定してみたいと思いますね。この他、クリップ情報という所ではさまざまな情報を設定することができます。現在はクリップの名前と映像を撮影したカメラのメーカー名ですね。これらが表示されていますけど、例えばこの星3つを設定したクリップの「撮影者」という所例えば自分の名前などを設定しておきます。他のクリップに対しても設定してみたいと思いますね。このクリップに対して設定しておきます。それぞれ利用目的に応じていろんなカメラ名ですとかタグ、コメント等も設定しておくとそれらを使って検索ができるようになります。例えばこの様に設定しておきます。次に今設定した評価これらを使って絞り込み検索を行ってみたいと思います。検索を実行する前にまずすべてのクリップでクリップ全体を表示しておきます。次に検索まで虫眼鏡のアイコンこれをクリックします。そうすると「アスマートカタログ」云々という検索の条件を設定するエリアが表示されます。 ここで絞り込みのための条件を設定していきます。今回は「評価」というのを使って検索していきますのでこの部分ですね、これを使っていきます。尚他に、「評価」の他にも「タグ」ですとか「カメラ名」とかいろいろな検索の条件が表示されています。不要な場合には✕マークこれをクリックすると条件を削除できます。今回は、この評価を使って検索していきたいと思います。まず、例えば評価をした時に3つ設定したクリップだけを表示したいという場合にはまずデフォルトではすべての評価が選択されていますのでクリックしてオフにします。この状態で例えば3つの星を設定したクリップを選択した場合には星3つを選ぶと、星3つを選択したクリップが表示されます。星4つの場合には3つを解除して4つ、これを選択してあげると星4つを選択したクリップが表示されます。ここで更に3つと4つ2つを選択するとそれぞれ3つの評価と4つの評価を設定したクリップが表示されます。次に例えば星3つで選択したクリップをカタログとして登録したい場合にはこの「スマートカタログ」という所にカタログの名前を入れます。例えば今回は星が3つのものを選んでみましたよ、ということで「star-3」という風に入れて「スマートカタログに登録」ボタンこれをクリックします。 そうすると「スマートカタログ」という所にカタログ名が登録されて尚且つ、クリップも登録されています。次に複数の条件を使って検索してみたいと思います。まずすべてのクリップを選択します。検索の条件を設定するために虫眼鏡をクリックして検索の条件を設定します。ここでは先程設定した「評価」ともう1つ「撮影者」この条件を使ってみたいと思います。条件を増やしたい場合には+マークをクリックすると条件のボックスがでてきます、ここで三角マーク、これをクリックするとどんな条件を使いますか?というメニューがでてくるのでここでは「撮影者」これを選択します。まずこの先程設定した自分の名前ですね。これを持ったクリップだけを表示させるで、更に「評価」の所で例えば4つの星を持っていて、尚且つ自分が撮影したものという風に選ぶと、1個だけ出てきます。あるいは、3つで評価して物を選ぶとこの様に自分の撮影した3つの星のものが表示されます。ここで「スマートカタログ」の所でクリックしてボックスに例えばここのように名前を入力して「スマートカタログに登録」をクリックするとこの様に星が3つで、尚且つ「撮影者」が自分の名前のものという様な形で絞り込むことができます。 尚、条件重なっています。この場合、星3つで選んでいますので複数のカタログの中に同じクリップが登録されていることになります。尚、カタログを削除したい場合には右クリックで「削除」あるいは「編集」を選ぶと更に条件を変更してまた選びなおすことができます。例えば、星4つに変更して更にカタログの名前も4というような形で別の条件として使うこともできます。この様にすると条件を変更した形でカタログを作り直すこともできます。ここでは、絞り込み検索を利用してスピーディーに目的のクリップを探し出す方法と検索結果をスマートカタログとして登録する方法について解説いたしました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。