Edius Pro 8 基本講座

クリップのトリミングと編集モード

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、トリミングの基本的な操作方法と、ギャップの削除方法について解説します。標準モード、トリムモードどちらのモードでトリミングしても、トリミング方法は同じです。
講師:
07:30

字幕

ここではトリミングの基本的な操作方法とギャップの削除方法について解説します。標準モード、トリムモードどちらのモードでトリミングしてもトリミング方法は同じです。まず、トリミングについてですがトリミングというのはタイムラインに配置したクリップの in 点 out 点を変更することで映像の長さを必要な長さに編集したりあるいは不要な映像部分をカットして必要な映像部分だけを残すという作業のこといいます。ここでは「標準モード」でのトリミング方法例にトリミングの手順について解説したいと思います。クリップですが、タイムラインには2つのクリップが配置してあります。この左側のクリップですがこれは既にトリミングを行なった状態です。右側のクリップは、まだトリミングを行なっていないクリップです。この違いですがトリミングを行なっていないクリップは右端と左端に三角マークが表示されています。この右端のこの三角マークと左端のこの三角マークです。これは、まだトリミングを行なっていないということを示しています。トリミングを行なうと、このように三角マークが表示されなくなります。では、トリミングを行なってみたいと思います。in 点と out 点ですが、in 点というのはクリップの頭の部分の位置のことを言いout 点というのが、このお尻の部分です。終端部分の位置のことを言っています。 例えば、この終端部分をクリックするとこのようにラインが表示されます。黄色と緑のラインが表示されるのですが黄色のラインは現在選択されているポイントを示していてここが編集対象になっています。緑の部分は、黄色い部分を移動させると一緒に移動するということを示しているポイントになります。この状態で黄色い部分をドラッグするとこのようにアウト線を変更することができます。アウト線を変更するとトリミングしたということで、三角マークが非表示になります。また、これを元に戻すことができます。ドラッグして、元に戻すとこのようにまた三角マークが表示されます。今、終端部分に対してトリミングを行なってみましたがこれは頭の部分、先端部分でも同じです。これをクリックするとこのようにラインが表示されます。この状態でドラッグすると頭をトリミングすることができます。このように in 点と out 点をクリックしながらトリミングする方法のことをin 点トリミング、 out 点トリミングという風に呼んでいます。なお、トリミングを行なうと例えば、複数のクリップが並んでいる時にトリミングを行なうとこのように間が空くことがあります。これをギャップといいますがこの部分再生すると音も映像も無い真っ暗な状態で表示されてしまいます。 これを必ず、避けなければなりません。なので、これを削除する必要があります。これをギャップといいますがこのギャップを削除する方法ですがこのギャップの所で右クリックします。そうすると、メニューが表示されて「ギャップの削除」という項目を選択することができます。これを選択するとギャップを削除できます。手動で変更することもできます。例えば、このギャップができてしまったと言う場合にはクリップをドラッグしてギャップを詰めることも、できるのですがこのような時には、例えば、前のクリップと重なってしまうということもあるのでなるべく、右クリックで「ギャップを削除」を選択して、削除するようにしてください。「標準モード」でのトリミングの他に「トリムモード」でのトリミングですが「トリムモード」に切り替えるとこのようにプレビューウィンドウがトリムモードに切り変わってくれますがこの時に、ここで、先頭と終末の部分どちらの位置を変更するのかというボタンで選択することができます。現在、このタイムラインスライダーがこちらになるのでこのタイムラインスライダーに近い位置の接合位置が選択されます。例えば、これがこちらの方にある場合ですね選択すると、例えばここで out 点をクリックするとこちらの部分が選択されますしまあ、元に戻してこの位置になった時に out 点を選ぶとこのようにスライダーに近い位置にある接合点のポイントが選択されます。 この状態で、例えばこちらにあわせてあげてここで、この in 点を変更しようという場合にたとえば、ここで−10、+10あるいは−1、+1というボタンがありますが例えば、この+10をクリックするとこのように、10フレームだけトリミングすることができます。もう一度押していきます。このように押すことによって10フレームずつのトリミングができます。また、もとに戻したい場合には−10ですね、これをクリックするとこのように戻すことができます。また、1フレームずつでの細かい調整もできます。この時にプレビューウィンドウに表示されているフレームですがこちら右側が後にあるクリップのin 点の位置のフレーム映像左側が前のクリップのお尻の部分です。終端にあるフレームの映像がこちらに表示されています。それと、この「トリムモード」でのもう1つトリミング方法ですがこのタイムコードを操作してトリミングをすることもできます。ここに表示されているタイムコードですがこれは、2つ表示されています。上段にあるタイムコードがこのプロジェクト内でのタイムコードの位置となります。下側のタイムコードですが、これはクリップ単位での1つのクリップの中でのタイムコードの位置を示しています。 例えば、ここで、このクリップに対して例えば、先行していく時にこのように上段の部分にある全体の中でのタイムコードを選択してそうすると、選択された状態で青いラインが表示されます。この状態でマウスのホイールボタンを操作するとこのように位置を変更することができます。このようにどのトリミング方法で操作するかは操作しやすい方法を選んで操作すれば良いかと思います。ここでは、トリミングの基本的な操作方法とギャップの削除方法について解説いたしました。標準モード、トリムモードどちらのモードで、トリミングしても基本的なトリミング方法は同じです。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。