Edius Pro 8 基本講座

伸縮モードと固定モードでのトランジション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、トランジションを設定する際の伸縮モードと固定モードの使い分けについて解説します。
講師:
04:23

字幕

ここでは、トランジションを設定する際の伸縮モードと固定モードの使い分けについて解説します。EDIUS Proでは、トランジションを設定するモードに伸縮モードと固定モードという2つのモードがあります。それぞれのモードに特徴があるのですがデフォルトでは、伸縮モードの設定されています。伸縮モードの場合の特徴ですがクリップとクリップの間にトランジションを設定しても全体のデュレーションは変わらないという特徴があります。ちょっと設定してみたいと思います。デフォルトの状態ですので現在は伸縮モードです。この状態でこのクリップとクリップの間にトランジションを設定していきます。ここでは、既定のトランジションを設定します。設定されましたが全体のデュレーションに変化はありません。これが伸縮モードの特徴ですがただ、1つ欠点があります。それは、トリミングされていないクリップ同士の接合点にトランジションを設定することができないということです。ここのところですが、この out 点と in 点のところ、トリミングされていないのですがこのクリップのこの接合点にトランジションを設定しようとすると同じ既定のトランジションなんですが設定ボタンをクリックするとこのようにトランジションが設定される代わりにここ、ミキサーと呼ばれるトラックですが、こちらの方に設定がされてしまいます。 これは、濃度調整のところの機能ですが再生してみるとこのような状態できちんとトランジションが設定されていません。ちょっと元に戻しますね。では、このように、トリミングしていないクリップとクリップの接合点にトランジションを設定する場合ですがこの時に利用するのが固定モードと呼ばれるモードです。クリップによってはどうしてもトリミングできないということがあるのでそのような時に利用するとトランジションをうまく使うことができます。では、伸縮モードから固定モードに切り替えですが切り替え方法はメニューバーの「設定」メニューをクリックするとメニューが出てきますのでこの中のユーザ設定を選択します。ユーザ設定のメニューが出てきます。この中のアプリケーションを開いていくとこの中にタイムラインという項目があります。このタイムラインを選択するとタイムラインのオプションの一番上にトランジション「クロスフェードにあわせてクリップを伸縮する」というチェックマークここチェックがオンになっています。このチェックマークをクリックしてオフにします。この状態で適用の OK ボタンをクリックします。これで、モードが固定モードに切り替わりました。 この状態で、同じ所、さきほどのトリミングされていないとこですがここにトランジションを設定してみます。トランジションを設定するとこのようにトランジションが設定されるのですがこの時にデュレーションが変わったのがわかりましたでしょうか。もう一度やってみます。これが設定前ですね。ここで、トランジションを設定するとこのようにトランジションが短くなります。ようするに、トランジションで利用した分フレームが減っているわけですね。それによってデュレーションが変わってくるという結果になります。なお、トランジションは削除してしまえばデュレーションは元に戻ります。トランジションの削除方法はこの後で解説しますがこのようにデュレーションが変わってしまうという特徴があるのですがクリップとクリップをトリミングしていなくともトランジションが設定できるというのが固定モードの特徴です。このように伸縮モードと固定モードをうまく使い分けながらトランジションを設定していきます。ここでは、トランジションを設定する際の伸縮モードと固定モードの使い分けについて解説しました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。