Edius Pro 8 基本講座

トランジションをカスタマイズする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、「インフォメーション」パレットなどを利用して、クリップに設定したトランジションをカスタマイズする方法について解説します。
講師:
06:16

字幕

ここではインフォメーションパレット等を利用してクリップに設定したトランジションをカスタマイズする方法について解説します。タイムラインを見ると4つのクリップを配置してそれぞれのクリップの接合点に3箇所トランジションを設定してあります。トランジションを確認してみます。1つ目このようなトランジションです。2つ目3つ目のトランジションです。このような3つのトランジションを設定してあります。ここでまずトランジションの表示時間デュレーションを変更してみます。操作しやすいように表示モードを変えます。0.5 秒間隔で表示する感じで選択するとこのようにトランジションの操作をしやすくなります。まず1つ目のトランジションですがこのトランジション部分をクリックします。そうするとインフォメーションパネルの方を見るとトランジションの名前がディゾルブという風に表示されます。そしてデュレーションが1秒であることが分かります。このトランジションのデュレーションを変えるんですけどもまずトランジション、クリックした時にここに黄色いラインが出ています。これはトリミングの時に表示されるラインと一緒です。ですので、この黄色いラインの所をドラッグするとこのようにまずIn 点を変更することができます。 Out 点も同じようにクリックしてドラッグすると時間を変更できます。インフォメーションの方を見るとデュレーションが1秒22フレームに変更されているのが分かります。EDIUS Pro の場合トランジションが1秒で設定されるようにデフォルト設定されています。このデフォルトの設定を変更することができます。今設定してあるトランジションを削除しておきます。この状態でディゾルブなんですがこのデフォルトの時間を変更していく場合にはサムネイルを右クリックします。するとメニューが表示されるのでここで「デュレーション」を選びます。デュレーションのサブメニューから今回はトランジションですのでこの「トランジション」を選びます。すると1秒に設定されていますがこのタイムコードを、例えば3秒に設定します。そして OK ボタンをクリックします。次にここの所、削除した所へ新しくトランジションを設定すると今度は3秒で設定されます。このようにしてデフォルトのデュレーションも変更することができます。勿論3秒のデュレーションを設定したトランジションはクリックしてデュレーションを又変更することもできます。次に2つ目のトランジションですが2つ目をクリックするとクロックという名前なのが分かります。 もう1つ 下の方にエフェクトのリストが表示されていてクロックという名前が表示されています。これをダブルクリックするとこのようにクロックの設定パネルが表示されます。ここでパラメーターと一般とあるんですがこのパラメーターの方ですね。ここにスタイルとか中心とか分割数様々なオプションがあります。まずスタイルですがここの中で別のスタイルを選ぶとここでスライダーをドラッグするとこのようにスタイルを変更できます。また、別のスタイルを選択するとこのようなスタイルを設定することができます。デフォルトではこのスタイルが設定されていました。この時に例えば「セクタ」の部分の数値を今1になっていますがこれを、例えば、4とかに変更するとこのような形に変更できますしまた分割数ですがX と Y とあります。X の方を数値を変更するとX 軸に対しての分割を設定することができます。例えば3とするとこのように3箇所で分割することができます。或いはここを1に戻して今度 Y 軸の方でも分割することができます。カスタマイズができたらここの所で OK ボタンをクリックします。そうすると設定が反映されます。このような設定ですがこの設定パネルなんですけどもこれはトランジションによってどのようなパラメーターが設定されているのかが変わってきます。 ここではクロックというトランジションの設定パネルでしたが種類によって内容が変わってきます。次に3つ目のトランジションです。これを選択するとトランジション名が SMPTE の 1307 というトランジションだと分かります。これをカスタマイズしようとしてリストにあるこのトランジション名をダブルクリックすると「このエフェクトには設定項目がありません」と表示されます。この場合はオプションが設定できないのでカスタマイズができないということになります。デュレーションの設定はドラッグすることでできますけども細かな設定ができないということになります。このようにしてトランジションをカスタマイズすることでオリジナリティあるムービーを作ることができるようになります。ここではインフォメーションパレットなどを利用してクリップに設定したトランジションをカスタマイズする方法について解説しました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。