Edius Pro 8 基本講座

フェードイン、フェードアウトの設定と削除

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、操作ボタンを利用して、クリップにフェードイン、フェードアウトを設定する方法と設定したフェードイン、フェードアウトの削除方法について解説します。
講師:
06:46

字幕

ここでは操作ボタンを利用してクリップに対してフェードイン、フェードアウトを設定する方法と設定したフェードイン、フェードアウトを削除する方法について解説いたします。フェードインというのは映像が徐々に表示されてくる効果、あるいは音が徐々に大きくなってくるような効果のことを言います。逆にフェードアウトというのは、映像が徐々に消えていく、あるいは音声が徐々に小さくなっていくというような効果のことを言っています。EDIUS Pro の場合、このフェードイン、フェードアウトをクリップに設定するときに操作ボタンを利用することで簡単に設定できます。操作ボタンはデフォルトでは登録されていませんので、この前のセクションを参考に登録しておいてください。ではフェードインから設定していきたいと思います。フェードインは基本的に一番先頭にあるクリップに設定していきますので、トラックにある一番先頭のクリップ、これを選択します。次にフェードインなんですが、クリップの先頭から始まりますのでそこからどこまで影響するのかという終了位置を決めます。タイムラインカーソルをドラッグしながら、例えばこの辺りまででフェードインを終了したいという位置を決めます。 終了位置を決めたらここでフェードインのボタンをクリックします。これでフェードインが設定されます。なおフェードインの横にあるサブメニューボタンなんですけれども、これをクリックすると、ビデオクリップのみオーディオクリップのみどちらか選択できますけれども、今回は両方に設定するためにメニューを選ばずこのボタンの方をクリックしてみます。ボタンをクリックするとこれでフェードインが設定されます。ちょっと確認してみましょう。(電車通過音フェードイン)はい、このようにフェードインが設定されています。フェードアウトも同じように設定していきます。まずフェードアウトなんですけれども、これはトラックの一番最後にあるクリップに対して設定しますので、最後のクリップを選択します。次にフェードアウトがどこから始まるのか開始位置を決めます。同じようにタイムラインカーソルをドラッグしていって、どこからフェードアウトが始まればいいのかという開始位置を決めます。開始位置を決めたらここでフェードアウトのボタンをクリックします。なおフェードアウトも同じようにビデオクリップ、オーディオクリップどちらか選択できますけれども、今回は両方に対して設定しますのでこのボタンの方、こちらをクリックします。 これでフェードアウトが設定できます。ちょっと確認してみましょう。(電車通過音)(電車通過音フェードアウト)このようにですね、フェードアウトが設定できます。なお設定したこのフェードインとフェードアウトですけれども、視覚的に確認することができます。ちょっと視覚的に確認してみたいと思いますね。そのためにはまずトラックの高さを調整します。現在のトラックの高さをちょっと高めにしますね。高くしたらここのところを開いていくと拡張ボタンが選択できるようになっています。オーディオの拡張ボタンとミキサーの拡張ボタンがあります。ミキサーの方ですね、これをクリックして開きます。表示されるように幅を変更します。この状態でミキサーというこのボタンをクリックしてオンにすると、ここに青いラバーバンドが表示されます。これが映像の透明度を表すラバーバンドなんですけれども、フェードインの所はこのように0 の所から徐々に大きくなってきています。タイムラインカーソルをドラッグして確認すると、このように透明度が変化しているのが分かります。同じようにフェードアウトの方も変化してきています。なおここにフェードイン、フェードアウトの終了点と開始点がキーフレームが設定されています。 このキーフレームですが、マウスでドラッグしてこの位置を変更することも可能ですので、確認しながらもうちょっと長さを長くしたい、あるいは開始位置を変えたいという場合にはこのキーフレームをドラッグしてください。同じようにオーディオの方なんですけれどもオーディオも拡張ボタンで表示するとこうやってボリュームを選択します。そうするとボリュームのラバーバンドが表示されます。オーディオのラバーバンドなんですけれども、映像の時と同じように山なりになっているのが分かります。これがフェードインとフェードアウトですね。このようにしてフェードイン、フェードアウトを設定していきます。なお、この設定したフェードイン、フェードアウトの削除なんですけれども、削除はビデオとオーディオ両方に設定されていますので、これをまとめて削除するというのではなくて片方ずつどちらか一方ずつ削除していかなければなりません。削除する方法ですが、ちょっとこの拡張を閉じますね。フェードイン、フェードアウトが設定されているクリップ、まずこれを選びます。ここではフェードインですけれども、フェードインを設定するクリップを選んで右クリックします。そうするとメニューが表示されるのでここから「部分削除」を選びます。 ここで部分削除のサブメニューから今回まず「ミキサー」を選びます。ミキサーを選ぶと「すべて」かあるいは「透明度」を選択できますので、「すべて」でも構いませんし、今回は「透明度」を選択して削除します。これで映像の方のフェードインが削除されます。オーディオの方ですが、同じようにオーディオもクリップを選択して右クリックして「部分削除」の、今度は「オーディオラバーバンド」を選択して「ボリューム」を選択します。そうするとオーディオのフェードインも削除されます。このように個別に削除しなければなりませんので注意してください。確認してみます。(電車通過音)(フェードインなし)はい、このようにフェードインが削除されました。フェードアウトの削除も同じように個別に削除していきます。ここでは操作ボタンを利用してクリップにフェードイン、フェードアウトを設定する方法と、設定したフェードイン、フェードアウトの拡張方法について解説いたしました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。