Edius Pro 8 基本講座

タイトルクリップをカスタマイズする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、「タイトルミキサー」を利用して、タイトルテキストにアニメーションを設定する方法について解説します。
講師:
04:34

字幕

ここでは、タイトルミキサーを利用してタイトルテキストにアニメーションを設定する方法について解説いたします。まず最初にタイトルトラックの方にタイトルを配置しておきます。今回はこのようなタイトルを配置してあります。この様なタイトルデフォルトでフェードイン、フェードアウトが設定されてはいるのですけれどももうちょっと違ったアニメーションを設定したいというときにはここでエフェクトパネルの中にあるタイトルミキサーという機能を利用します。まずエフェクトパネル、これを開きます。エフェクトのツリーを表示すると「タイトルミキサー」というカテゴリがあります。閉じられている場合には三角マークをクリックして開いてください。この中に更に幾つかのカテゴリーが分かれています。例えば、「スライドA」 とか「スライド B」それぞれのカテゴリーに応じて中にエフェクトが登録されています。今回はこのスライドA を使ってみたいと思います。スライド A を選択するとこの中で更に幾つかのエフェクトが登録されています。例えば、「スライドA UP」というのにマウスを合わせると簡単なエフェクトが表示されます。説明の所を読むと画面下外から上に向かってスライドします。 効果が説明されています。例えば、これを使いたいという場合にはこのエフェクトをタイトルクリップの上にドラッグ&ドロップします。これだけでエフェクトが設定されます。ちょっと再生してみます。このようにタイトル文字が画面の下から出てきて中央で一旦停止して更に上に消えていくというアニメーションが設定されます。この時タイトルクリップを配置したトラックですがミキサー部分が表示されるようにタイトルの幅をちょっと調整してみます。ミキサー部分を表示するとこのようにエフェクトが設定されているのが分かります。これをクリックするとインフォメーションパネルの方に設定してあるエフェクトが表示されます。2つ表示されていますけれどもこれは最初にイン点の所に設定されているエフェクトがまず1個目でその次のエフェクトが2個目こちらがおしりの部分、アウト点の所で設定されているエフェクトになります。ここで別のエフェクトに切り替えたいという場合には別のエフェクトを選択してこれはスライド A の Down というエフェクトですけれども画面上の外から下に向かってスライドするというエフェクトです。これを設定されている上に重ねてドラッグ&ドロップします。 そうすると、このように新しいエフェクトに切り替えることができます。なお、設定したエフェクトいらなくなったという場合にはエフェクトを削除します。削除する時にはミキサー部分でミキサー部分をクリックしてインフォメーションパネルに一覧にエフェクトを表示させます。ここで、削除したいエフェクトを選択します。両方選択して、1削除もできますしどちらか一方だけイン点、アウト点のエフェクトだけ削除することもできます。全部削除する場合には2つを選んでDelete キーを押します。これでエフェクトが削除できます。再生してみるとこの様にエフェクトのないタイトルになります。ここではタイトルミキサーを利用してタイトルテキストにアニメーションを設定する方法について解説いたしました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。