Windows 10 基本講座

タスクバーをカスタマイズする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タスクバーをユーザーの好みに合わせてカスタマイズする方法について解説します。タスクバーは位置やサイズを変更したり、自動的に隠したりすることができます。また、表示するアイコンやボタンの表示/表示を切り替えることも可能です。
05:02

字幕

このレッスンでは、タスクバーを ユーザーの好みに合わせて カスタマイズする方法について解説します。 デスクトップ画面の一番下には タスクバーが表示されています。 このタスクバーは、位置やサイズを変更したり 自動的に隠したり また表示するボタンやアイコンの 表示非表示を切り替えることができます。 まずはタスクバーの 移動操作から見ていきましょう。 タスクバー上の何もない所を右クリックし、 ショートカットメニューの下から2つ目、 「タスクバーを固定する」に チェックが付いています。 「タスクバーを固定する」をクリックし チェックを外します。 これでタスクバーを移動することができます。 ではタスクバーを上に移動してみましょう。 タスクバー上の何もない所に マウスポインタをポイントし 上に向かって思い切りドラッグします。 するとこのように、タスクバーを 上に配置することができました。 スタートボタンをクリックすると、 垂れ下がってスタートメニューが 表示されます。 また左にドラッグすると左に、 右にドラッグすると右に 配置することも可能です。 ではタスクバーは下にドラッグして 下に戻しておきましょう。 続いてタスクバーのサイズを変更してみます。 デスクトップとタスクバーの境界線に マウスポインタをポイントし、 上下の矢印が表示されましたら 上に向かってドラッグすると タスクバーを広く 下に向かってドラッグすると タスクバーを狭くすることができます。 このようにサイズの変更が可能ですので、 タスクバー上に沢山のボタンが 表示されているときなどは 広げておくと見やすいでしょう。 ではタスクバーは 元のサイズにドラッグで戻しておきます。 タスクバーを固定状態に戻すには、 タスクバー上を右クリックし、 「タスクバーを固定する」をクリックして チェックを付けると これでタスクバーは固定されますので、 ドラッグしても移動したり サイズを変更することはできません。 では続いてタスクバーを 自動的に隠す設定を見ていきましょう。 タスクバー上を右クリックし、 一番下の「プロパティ」をクリックします。 タスクバーとスタートメニューのプロパティの ダイアログボックスが表示されましたら、 タスクバータブをクリックします。 上から二つ目の「タスクバーを自動的に隠す」 チェックボックスを クリックしてチェックを付けます。 下にあります OK ボタンをクリックしましょう。 これでタスクバーを 自動的に隠す設定となりました。 タスクバーを表示するには、 タスクバーのあった位置に マウスポインタをポイントすると タスクバーが表示されます。 タスクバー上から マウスポインタを移動すると、 タスクバーは自動的に隠れます。 このように自動的に隠す設定ができますので、 作業領域を広くして使いたい時には おすすめです。 ではタスクバーは常に表示する状態に 戻しておきますので、 タスクバーを右クリックし 「プロパティ」をクリックします。 先ほどチェックを付けた 「タスクバーを自動的に隠す」の チェックボックスをクリックして チェックを外します。 下にあります OK ボタンをクリックします。 これでタスクバーを常に表示する状態に 戻すことができました。 またタスクバーを右クリックして表示される ショートカットメニューでは、 ツールバーや各ボタン類の 表示非表示を切り替えることができます。 今「タッチキーボードのボタンを表示」には チェックは付いていません。 では「タッチキーボードのボタンを表示」を クリックしてチェックを付けます。 すると通知領域のボタンが一つ増えました。 タッチキーボードというボタンです。 このボタンをクリックすると、画面上に ソフトキーボードを表示することができ、 文字などを入力することができます。 このようにショートカットメニューで ボタンの表示非表示を 切り替えることができます。 ではタッチキーボードのボタンを 非表示にしますので、 もう一度タッチキーボードの 「ボタンを表示」をクリックして 非表示にしておきます。 またタスクバーの左の方にあります Web と Windows の検索ボックスも 表示非表示の切り替えが可能です。 見てみましょう。 タスクバー上の何もない所を右クリックし、 上から二つ目の「検索」をポイントします。 すると現在は「検索ボックスを表示」に チェックが付いています。 検索のボックスが 表示されているわけですね。 ではここで一番上の 「表示しない」をクリックします。 するとタスクバー上から 検索ボックスが非表示となりました。 また検索についてはボックスではなく 検索アイコンを表示することもできます。 「検索アイコンを表示」をクリックすると 検索のアイコンのみが表示されますので アイコンをクリックすることで 検索ボックスを表示することができます。 では戻しておきますので、 もう一度タスクバーを右クリックし 「検索」をポイントしたら 「検索ボックスを表示」をクリックして 検索ボックスを表示しておきます。 このレッスンでは、タスクバーの カスタマイズについて解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。