Windows 10 基本講座

スタートメニューについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタートメニューを操作する際に必要となる各要素の名称と役割にについて解説します。アプリケーションの起動、設定の変更など、さまざまな作業をこのメニューから開始できます。
03:06

字幕

このレッスンでは、スタートメニューについて 解説します。 スタートメニューの各要素の名称と 役割について見ていきましょう。 タスクバーのスタートボタンをクリックすると スタートメニューが表示されます。 スタートメニューの右には Windows 8 や 8.1 でお馴染の スタート画面が表示され、 アプリケーションを起動する タイルが配置されています。 左には従来の形式のスタートメニューが 表示されています。 スタートメニュー左一番上には、現在 Windows にサインインしている アカウントのユーザー名が 表示されます。 ユーザー名をクリックすると アカウントの設定を変更したり、 ロックやサインアウトを行うための メニューが表示されます。 その下にはよく使うアプリの一覧が 表示されています。 またその下にはエクスプローラウインドウや 設定画面を表示したり 電源を切るための項目が用意されています。 一番下の「すべてのアプリ」を クリックすると、 インストールされているアプリケーションの 一覧を確認することができます。 下にあります「戻る」ボタンをクリックすると スタートメニューに戻ることができます。 またスタートメニューは、デスクトップと スタートメニューの境界線に マウスポインタを ポイントしドラッグすることで、 サイズを調整することも可能です。 お好みのサイズに 調整しておくと良いでしょう。 スタートメニューをキャンセルするには、 もう一度スタートボタンをクリックするか スタートメニュー以外をクリックすると スタートメニューを キャンセルすることができます。 またスタートメニューは、キーボードの Windows キーをタイプして 表示することもできます。 またスタート画面は、 全画面表示で使用することも可能です。 ではスタートメニューを 全画面表示に切り替えてみましょう。 スタートボタンをクリックし、 スタートメニューの下から3つ目 設定をクリックします。 設定の画面が表示されました。 パーソナル設定をクリックします。 左のメニューから 「スタート」をクリックします。 右に設定の項目が表示されますので、 「前画面表示のスタート画面を使う」 こちらをクリックしてオンに切り替えます。 これでスタートボタンをクリックすると 前画面表示の スタート画面が表示されます。 前画面表示で スタート画面を使っているときには 左上にメニューボタンが表示されますので、 クリックすることでスタートメニューを 表示することができます。 ではスタートメニューは 通常の表示に戻しておきます。 このレッスンでは スタートボタンをクリックして表示される スタートメニューについて解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。