Windows 10 基本講座

タスクビューを使って仮想デスクトップを使用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
仮想デスクトップを使用する方法について解説します。Windows 10ではタスクビューを使って新しいデスクトップ画面(仮想デスクトップ)を追加することができます。作業の内容に応じてデスクトップをわけてアプリを使用することができます。
02:46

字幕

このレッスンでは新しいデスクトップ画面を 追加して使用する 仮想デスクトップ機能について 解説します。 電材ワードパットと電卓を起動して作業中です。 ではこれから仮想デスクトップ機能を使って 新しいデスクトップを追加し 別の作業環境を作ってみましょう。 仮想デスクトップはタスクビューで 追加できます。 タスクバーの「タスクビュー」の ボタンをクリックします。 現在はデスクトップ上には 電卓とワードパットのアプリが起動中です。 では右下の「新しいデスクトップ」の 項目をクリックします。 すると「デスクトップ2」が作成されました。 「デスクトップ1」には先程の 電卓とワードパットのアプリケーションが 「デスクトップ2」には アプリケーションが起動していません。 では「デスクトップ2」を クリックで選択し デスクトップ2の画面に 切り替えます。 ここには「フォト」アプリを起動しましょう。 このように仮想デスクトップを作って 別の作業環境を作ることができます。 デスクトップ1の戻るには 「タスクビュー」のボタンをクリックします。 「デスクトップ1」をクリックすると デスクトップ1に戻ることができます。 このように Windows10 では タスクビューを使って 新しいデスクトップを追加し 別の作業環境を作ることができます。 またデスクトップ上で アプリを移動させることもできます。 例えばデスクトップ1に 起動しています電卓アプリを デスクトップ2に移動してみます。 タスクビューの画面で デスクトップ1が選択されていることを確認し 電卓のサムネイルをドラッグ操作で デスクトップ2のサムネイルまで ドロップします。 するとデスクトップ2に 電卓のアプリが移動しました。 このようにドラッグ操作で デスクトップ間で アプリケーションを 移動させることもできます。 仮想デスクトップを終了するには タスクビューを表示し デスクトップ2のサムネイルの 右上に表示されます 閉じるボタンをクリックすると 仮想デスクトップを終了することができます。 仮想デスクトップ上に 起動されていたアプリケーションは 残ったデスクトップに移動します。 よってフォトアプリは デスクトップ1に移動しました。 このように Windows10 では 仮想デスクトップを使って 新しい作業環境を作ることもできます。 このレッスンではタスクビューを表示し 新しいデスクトップを追加する操作について 解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。