Windows 10 基本講座

日本語の文字を入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
キーボードから日本語文字を入力する方法について解説します。Windows 10付属している日本語入力システム「Microsoft IME」では、キーを押したときに入力される文字の種類や入力方法などを切り替えることができます。
06:49

字幕

このレッスンではキーボードから日本語の 文字を入力する方法について解説します。 これから文字を入力するために ワードパッドを使います。 このワードパッドは Windows 10 に 標準で付属している文書作成ソフトです。 因みにワードパッドの起動方法は スタートボタンをクリックし 「すべてのアプリ」をクリックします。 アプリケーションの一覧から 「Windows アクセサリ」をクリックし 「ワードパッド」をクリックすると ワードパッドを起動することが出来ます。 では ワードパッドは作業しやすいように 最大化ボタンをクリックして 最大化しておきます。 これから文字を入力する操作を 見ていきましょう。 文字を入力する位置を確認します。 文書ウィンドウの左上の方に 点滅する縦棒が表示されています。 これをカーソルと言います。 キーボードから文字を入力すると このカーソルのある位置に 文字が入力されます。 初期設定ではキーボードから入力する文字は このように半角の英数字です。 日本語を入力するには 日本語入力システムが必要です。 Windows 10 には Microsoft IME という 日本語入力システムが 標準で搭載されています。 現在日本語入力がオンであるか オフであるかの確認は タスクバーの通知領域で行います。 通知領域にアルファベットの A が 表示されているときは 日本語入力はオフです。 因ってキーボードから入力する文字は 半角の英数字のみとなります。 日本語入力をオンにすると 通知領域の入力モードの表記が 「あ」と変わります。 では 日本語入力のオン・オフの 切り替え方法を見ていきましょう。 日本語入力のオン・オフを切り替えるには キーボードの「半角 / 全角」キーを タイプします。 キーボードの「半角 / 全角」キーを タイプすると 先程の入力モードの表記が 「あ」に変わりました。 この「あ」と表示されている時には 日本語が入力できる状態です。 キーボードから A のキーを タイプすると「あ」 I のキーをタイプすると「い」と 入力されます。 このようにキーボードから文字を入力する際に 日本語入力が必要な場合には 日本語入力をオンにして 操作をしていきましょう。 オン・オフの切り替えはキーボードの 「半角 / 全角」キーです。 日本語入力の状態は 先程も確認したように 通知領域で確かめることが出来ますので 文字を入力する前に 通知領域を確認するようにしましょう。 では入力した文字を削除しておきます。 カーソルのある左の文字を削除するには キーボードの Backspace キーを使います。 カーソルの右の文字を削除する場合は Delete キーです。 今回はカーソルの左の文字を削除しますので Backspace キーをタイプして 文字を1文字ずつ削除することが出来ます。 では 日本語の文字を入力する 操作を見ていきましょう。 まず ひらがなを入力します。 キーボードから文字を入力し Enter キーで確定します。 これでひらがなを入力することが出来ました。 続いて漢字を入力しましょう。 漢字は読み情報を入力し スペースキーを使って変換します。 キーボードから読み情報を入力します。 キーボードのスペースキーをタイプします。 これで漢字に変換されました。 スペースキーを押し続けると 変換候補の一覧が表示されます。 変換候補の一覧はスペースキーを押すことで 下に下にと移動します。 変換候補の一覧を上に戻したい時には キーボードの上向き方向キーを押します。 目的の漢字が選択されたら Enter キーで確定します。 これで漢字を入力することが出来ました。 続いてカタカナを入力してみましょう。 カタカナも先程の漢字と同じように スペースキーで変換して 入力することが出来ます。 また カタカナについては スペースキーで変換する以外に ファンクションキーの F7 キーを使うと 素早くカタカナに変換することが 出来ますので見てみましょう。 キーボードから読み情報を入力します。 ファンクションキーの F7 キーを押します。 するとこのように素早く カタカナが表示されました。 Enter キーで確定します。 このように日本語のひらがな・漢字 ・ カタカナと入力しました。 また 一部の記号も読み情報を入力し 漢字やカタカナと同じように スペースキーを使って 変換することも出来ます。 見てみましょう。 例えば「まる」と入力して変換します。 するとこのように記号の丸を 表示させることが出来ます。 Enter キーで確定します。 このように一部の記号も 読み情報を入力し スペースキーで変換して 入力することができますので 覚えておくと良いでしょう。 入力した文字の一部を削除したい 或いは入力した文字の途中に 文字を追加したいという場合には カーソルを移動する必要があります。 カーソルを移動するには キーボードの方向キーを使うか マウスでクリックします。 マウスでクリックするとクリックした位置に カーソルを移動させることが出来ます。 また キーボードの方向キーを使って 1文字ずつカーソルを 移動させることも可能です。 例えば漢字の「朝」を削除したいのであれば 漢字の「朝」の右までカーソルを移動し ここで Backspace キーを押すと 漢字の「朝」を削除できます。 カーソルが入力した文字の途中にあります。 ここで更に文字を入力すると このように入力した文字の間に 文字を追加することが出来ます。 日本語の文字を入力する際の キー操作について 纏めましたので見ていきましょう。 半角 / 全角キーを使って 日本語入力の ON/OFF の切り替えが出来ます。 日本語を入力している時に スペースキーや変換キーを使って 文字を変換することが出来ます。 Enter キーを使って文字を確定できます。 方向キーでカーソルを移動させることができ BackSpace キーを使って カーソルの左の文字を削除できます。 このレッスンではキーボードから日本語の 文字を入力する操作について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。