Windows 10 基本講座

日本語入力システム「Microsoft IME」の便利な機能

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
日本語入力システム「Microsoft IME」の便利な機能について解説します。読み方のわからない漢字の入力やよく使う単語の登録、郵便番号から住所を入力する方法など知っておくと便利な機能を紹介します。
05:56

字幕

このレッスンでは 読み方のわからない漢字の入力や よく使う単語の登録 郵便番号から住所を入力する といったような Microsoft IME の 便利な機能について解説します。 Microsoft IME とは Windows 10 に標準で 搭載されている日本語入力システムです。 これから起動中のワードパッドを使って Microsoft IME の便利な機能を 見ていきましょう。 まず 読み方のわからない漢字を 入力してみます。 読み方が分かりませんので キーボードからは入力できないです。 そこで使うのが IME パッドです。 IME パッドを起動しましょう。 タスクバー通知領域の 入力モードのボタンを右クリックします。 ショートカットメニューの真ん中辺りの 「IME パッド」をクリックします。 これで IME パッドを 起動することが出来ました。 タイトルバーをドラッグして 自由な位置に配置できますので 使いやすい位置に移動しておきましょう。 「手書き」と表示されていますね。 マウスでドラッグして漢字を描いて 入力することが出来ます。 では使ってみましょう。 ドラッグ操作で 入力したい漢字を描いていきます。 もし間違えたら 「戻す」或いは「消去」という ボタンが用意されていますので やり直しをすることが出来ます。 ドラッグして漢字を描いていくと 右には漢字の候補が表示されます。 目的の漢字が表示されたら マウスポインタをポイントすると 読み情報を確認することができ クリックしてカーソルのある位置に 入力することが出来ます。 あとはキーボードの Enter キーで確定するか IME パッド内の Enter ボタンを クリックします。 これで読み方の分からない漢字を 入力することが出来ました。 IME パッドは手書き以外に 他のモードに切り替えて使うことも出来ます。 左には手書き・文字一覧・ ソフトキーボードという モードを切り替えるボタンが 用意されています。 総画数や部首を使って 読み情報のわからない漢字を 入力することも可能です。 使い終わったら右上に「閉じる」ボタンが 用意されていますので 「閉じる」ボタンをクリックして 閉じることが出来ます。 続いてよく使う単語の 登録操作を見ていきましょう。 今回はメールアドレスを登録してみます。 メールアドレスを毎回入力するのは 少し長くて面倒ですね。 そこでメールという短い読み情報で 登録しておきましょう。 今はまだ登録していませんので 「めーる」と入力して変換しても メールアドレスは表示されません。 まだ登録されていないからです。 では 登録操作を見ていきましょう。 タスクバーの入力モードの ボタンを右クリックし 「単語の登録」をクリックします。 すると「単語の登録」の ダイアログボックスが表示されました。 単語と読み情報を入力します。 「単語」の欄にクリックでカーソルを出して 登録したいメールアドレスを入力します。 任意のメールアドレスを入力していきます。 登録したい単語を入力したら すぐ下の「よみ」のボックスに クリックでカーソルを移動します。 ここに読み情報を入力します。 今回は「めーる」と入力しましょう。 こうすると「めーる」という読み情報を使って メールアドレスを素早く 入力することが出来ます。 下にある「登録」ボタンをクリックして これで登録は完了です。 登録ボタンの右にある 「閉じる」ボタンをクリックして ダイアログボックスを閉じることが出来ます。 では カーソルのある位置に 「めーる」と入力し変換して 先程登録したメールアドレスが 入力できることを確認しておきましょう。 このように単語登録を使うと よく使う単語や用例などを登録しておき 短い読み情報で 素早く入力することが出来ます。 登録した単語や用語を削除するには 入力モードのボタンを右クリックし 「単語の登録」をクリックします。 先程のダイアログボックスが表示されますので 左下にある辞書ツールをクリックすると ユーザー辞書ツールのボックスを 出すことができます。 ここに登録した語句が見えてきますので 語句をクリックで選択し 上の方に用意されている ツールバーのボタンの中から 「削除」のボタンをクリックします。 これで「選択した単語を削除しますか」と いうメッセージが表示されるので 「はい」をクリックして 削除することが可能です。 続いて郵便番号から素早く住所を 入力する操作を見ていきましょう。 Microsoft IME には郵便番号辞書と いう辞書があります。 よって郵便番号を入力し スペースキーで変換して その住所を素早く入力することができます。 では見ていきましょう。 任意の郵便番号を入力します。 キーボードから郵便番号を ハイフンを入れて入力します。 その後スペースキーを使って変換します。 すると変換候補の中に住所が表示されました。 Enter キーで確定します。 このように Microsoft IME には 郵便番号辞書という 辞書が用意されていますので 郵便番号を入力し スペースキーで変換して 素早く住所を入力することが出来ます。 住所録や名簿などを作成する時に お勧めの機能です。 このレッスンでは Microsoft IME の 便利な機能について紹介しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。