Windows 10 基本講座

ファイルを開く

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ファイルを開く操作について解説します。パソコンに保存されているファイルは作成元のアプリケーションから開いたり、エクスプローラーで保存場所のフォルダーウィンドウを表示して開いたりできます。
02:01

字幕

このレッスンではファイルを開く 方法について解説します。 ファイルを開くには 作成元のアプリケーションを起動しておき ファイルを開く方法と エクスプローラーで ファイルを保存してある場所の フォルダーウィンドウを表示しておき ファイルを開く方法とあります。 それぞれどのような操作になるのか 見ていきましょう。 では先程と同じ インテリアガイドのファイルを 今度は保存場所から開いてみましょう。 エクスプローラーを起動しますので タスクバーのエクスプローラーの アイコンをクリックします。 フォルダーウィンドウが表示されました。 インテリアガイドはドキュメントフォルダーに 保存されていましたので 左のナビゲーションウィンドウから ドキュメントをクリックします。 これでファイルの一覧には ドキュメントフォルダーの 内容が表示されます。 インテリアガイドのファイルが 保存されていますね。 ではファイルを開くには ファイルをダブルクリックします。 これで作成元のアプリケーションが 自動的に起動し、ファイルが開かれます。 このようにファイルを開くには エクスプローラーで ファイルが保存されている場所の フォルダーウィンドウを開いておき ファイルアイコンをダブルクリックして 開くこともできます。 また、ファイルアイコンを ダブルクリックする以外に ファイルアイコンを右クリックし 「開く」をクリックして ファイルを開くことも可能です。 このレッスンではファイルを開く操作について アプリケーションを起動しておき 「ファイル」タブの「開く」を使って 開く方法と ファイルが作成されているフォルダーの フォルダーウィンドウを エクスプローラーで表示し ファイルアイコンをダブルクリックして 開いていく方法について 解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。