Windows 10 基本講座

フォルダーを新規作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フォルダーの新規作成について解説します。フォルダーは、ユーザー自身が作成することができます。同じ場所にたくさんのファイルが保存されている場合は、フォルダーを作成し関連するファイルごとにまとめておくと、管理しやすくなります。
02:52

字幕

このレッスンではフォルダーの 新規作成について解説します。 これからデスクトップに 新しいフォルダーを作成しましょう。 フォルダーはファイルを入れて おくための入れ物です。 沢山のファイルが保存されているような場合は フォルダーを作成しておき 関連するファイル毎に纏めて 入れておくと管理しやすくなります。 ではフォルダーを作成します。 デスクトップの何も無い所を 右クリックします。 ショートカットメニューの 「新規作成」をポイントし サブメニューが表示されますので 1番上の「フォルダー」をクリックします。 これで新しいフォルダーを 作成することができました。 キーボードからフォルダー名を入力します。 今回は「書類」というフォルダーにします。 キーボードから日本語入力をオンにして 「書類」と入力します。 Enter キーで確定すると これで新しい「書類」という名前の フォルダーを作成することができました。 このようにフォルダーは ユーザーが必要な場合に 作成したい場所で右クリックして 「新規作成」で作成することができます。 またフォルダーの中に フォルダーを作成することもできます。 見てみましょう。 先程作成した書類フォルダーを開きます。 書類フォルダーをダブルクリックします。 書類のフォルダーウィンドウが 表示されました。 作成したばかりですから フォルダーの中は今空の状態です。 書類フォルダーの中に 新しいフォルダーを作ってみましょう。 フォルダーウィンドウ内の何も無い所を 右クリックします。 「新規作成」をポイントし 「フォルダー」をクリックします。 これで書類フォルダー内に 新しいフォルダーを作成することができます。 ではフォルダー名を入力します。 任意の名前を入力しましょう。 このようにフォルダーは フォルダーの中に作成することもできます。 フォルダーウィンドウを表示して フォルダーを作成する場合には リボンを使って新規作成することも可能です。 見てみましょう。 「ホーム」タブをクリックします。 すると「新規」グループに 「新しいフォルダー」というボタンが 用意されています。 この「新しいフォルダー」をクリックすると 新しいフォルダーを作成することができます。 このようにフォルダーウィンドウを表示して 新しいフォルダーを作成するには 右クリックで作成する以外に リボンの「ホーム」タブを使って 作成することも可能です。 このレッスンではフォルダーの 新規作成について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。