Windows 10 基本講座

USBメモリーを利用する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
USBメモリーの利用について解説します。USBメモリーへのファイルの保存方法やファイルのコピー、削除など、外部記憶メディアでファイルを管理する際の基本操作について解説します。
05:30

字幕

このレッスンでは外部記憶メディアの USB メモリを使って ファイルを管理する方法について解説します。 USB メモリをパソコンに接続すると 「タップして、リムーバブルドライブに 対して行う操作を選んでください」という 通知が表示されます。 こちらをクリックすると 行う操作の一覧が表示されます。 今接続した USB メモリは Dドライブとして認識されています。 では一覧の中から 「フォルダーを開いてファイルを表示」を クリックします。 これでフォルダウィンドウを開いて USB メモリ内を確認することが出来ます。 今フォルダ内は空です。 左のナビゲーションウィンドウで Dドライブであるということを 確認することが出来ます。 ではフォルダウィンドウは右上の 「閉じる」ボタンをクリックして 閉じておきます。 これからアプリケーションで作成した ファイルを USB メモリに 保存する操作を見て行きましょう。 今回はワードパッドで 案内状を作成しています。 ではこの作成したファイルを USB メモリに 保存する操作を見て行きましょう。 「ファイル」タブをクリックします。 「名前を付けて保存」をクリックします。 「名前を付けて保存」の ダイアログボックスが表示されました。 左のナビゲーションウィンドウから USB メモリを指定します。 USB ドライブ「D」をクリックします。 これで先程接続した USB メモリを 保存先に指定することが出来ます。 続いてファイル名を入力します。 ファイル名は「インテリアフェア」と しておきます。 下にある「保存」ボタンをクリックします。 これで USB メモリにアプリケーションで 作成したファイルを 保存することが出来ました。 ではワードパッドを閉じて フォルダーウィンドウを 表示して確認しましょう。 タスクバーのエクスプローラの アイコンをクリックして フォルダウィンドウを表示します。 ナビゲーションウィンドウから 「D」をクリックします。 USB メモリ内にインテリアフェアの ファイルが保存されていますね。 続いてパソコン内にあるファイルを USB メモリにコピーしてみましょう。 今回はピクチャフォルダ内にある写真の ファイルを USB メモリにコピーしてみます。 因みに USB メモリには今 写真のファイルはありません。 ナビゲーションウィンドウの 「ピクチャ」をクリックし ピクチャウィンドウを表示します。 ファイルのコピーはマウスでドラッグしたり 右クリックして実行できます。 ではマウスでドラッグする 操作から見ていきましょう。 コピーしたいファイルをマウスでドラッグし ナビゲーションウィンドウの 「D」に合わせます。 「Dへコピー」と表示されたら マウスを放します。 これでファイルを コピーすることができました。 ドラッグする以外に右クリックでも可能です。 コピーしたいファイルを右クリックし ショートカットメニューの 「コピー」をクリックします。 続いて貼り付け先を指定します。 ナビゲーションウィンドウから 「D」をクリックし フォルダウィンドウ内で右クリックします。 「貼り付け」をクリックします。 これでコピーして 貼り付けることができました。 また USB メモリへコピーをする場合には 「送る」というコマンドがあります。 コピーしたいファイルを右クリックし 「送る」をポイントします。 するとサブメニューの中に Dドライブが表示されました。 「D」をクリックします。 これで今右クリックしたこちらのファイルが Dドライブにコピーされています。 このようにパソコン内のファイルを USB メモリにコピーすると データの持ち運びができるようになります。 因みにファイルの削除です。 USB メモリ内のファイルを削除すると ゴミ箱には入りません。 削除したいファイルをクリックで選択し Delete キーを押します。 すると「このファイルを完全に削除しますか」 というメッセージが表示されます。 「はい」をクリックすると これで完全に削除です。 ハードディスク内から削除したファイルは 一旦ゴミ箱に入りますが USB メモリからは Delete で削除したり ゴミ箱のアイコンにドラッグしても ゴミ箱には入らずに 「削除しますか」と表示されます。 「はい」をクリックして これで完全に削除です。 このような仕組みになっていますので USB メモリからファイルを削除する際には 注意をしましょう。 次に USB メモリを安全に取り外す 操作を見ていきましょう。 USB メモリのフォルダウィンドウには ドライブツールの「管理」タブが 表示されます。 「管理」タブの「取り出す」をクリックすると 安全に取り外すことができます。 また フォルダウィンドウが 表示されていないような場合は タスクバーの通知領域の USB のアイコンをクリックすると 「取り出し」という項目が表示されるので 「取り出し」をクリックして 安全に取り外すことも可能です。 このレッスンでは USB メモリで ファイルを管理する際の 基本操作について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。