Windows 10 基本講座

ファイルの拡張子を表示する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ファイルの拡張子の表示について解説します。ファイルには種類を識別するための拡張子が付いています。Windows 10の初期設定では拡張子は非表示となっています。拡張子を表示することでファイルの種類を正確に識別することができます。
02:50

字幕

このレッスンではファイルの種類を 識別するための拡張子を 画面上に表示する方法について解説します。 Windows10 の初期設定では 拡張子は画面上には表示されていません。 では表示する操作を見ていきましょう。 フォルダーウィンドウを使って 拡張子を表示することができます。 タスクバーのエクスプローラーの アイコンをクリックし フォルダーウィンドウを表示します。 ファイルが保存されている フォルダーを指定しましょう。 では今回はナビゲーションウィンドウから 「ドキュメント」をクリックし ドキュメントフォルダーを開いておきます。 ドキュメントフォルダー内には 幾つかのファイルが保存されています。 現在、拡張子は表示されていません。 拡張子はファイル名の右に 表示されてきます。 では、拡張子を表示していきましょう。 「表示」タブをクリックします。 表示・非表示グループの「ファイルの拡張子」 のチェックボックスをクリックし チェックを付けます。 これでファイルの拡張子を 表示することができました。 それぞれのファイル名の後ろに 拡張子が表示されました。 拡張子を表示することで、ファイルの種類を 正確に確認することができます。 また、拡張子の表示は フォルダーウィンドウ以外に コントロールパネルから 表示・非表示を切り替えることもできます。 見てみましょう。 コントロールパネルを表示します。 スタートボタンを右クリックします。 ショートカットメニューの 「コントロールパネル」をクリックします。 コントロールパネルの画面が表示されました。 「デスクトップのカスタマイズ」 をクリックします。 「エクスプローラーのオプション」 をクリックします。 すると「エクスプローラーのオプション」 ダイアログボックスが表示されます。 「表示」タブをクリックします。 「詳細設定」の リストボックス内に 「登録されている拡張子は表示しない」 というチェックボックスがあります。 こちらで拡張子の表示・非表示を 切り替えることができます。 確認できたら「キャンセル」ボタンを クリックしてキャンセルしておきます。 コントロールパネルのウィンドウも 閉じるボタンをクリックして閉じておきます。 拡張子を表示して作業している時は 名前を変更する際 誤って拡張子を 消してしまわないようにしましょう。 拡張子を消してしまうと ファイルが識別できなくなり その後、ファイルが開かなくなる 可能性がありますので注意が必要です。 このレッスンでは画面上に ファイルの拡張子を 表示する方法について 解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。