Windows 10 基本講座

Webページを印刷する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Webページの印刷について解説します。印刷を実行する前にプレビュー画面で印刷イメージを確認することができます。また、印刷するページの指定や向きの変更、拡大/縮小印刷も可能です。
03:31

字幕

このレッスンでは Web ページの 印刷について解説します。 Microsoft Edge では印刷を実行する前に 印刷イメージを印刷プレビューで 確認することができ 使用する用紙の向きや拡大縮小印刷などの 印刷オプションを設定することも可能です。 これから印刷を実行するまでの 手順を見ていきましょう。 表示されている Web ページを印刷します。 画面右上の「詳細」ボタンをクリックします。 「印刷」をクリックします。 印刷のウィンドウが表示されました。 印刷ウィンドウの右には 印刷プレビュー画面が表示されます。 左には印刷の設定項目が表示されています。 印刷プレビューの上にはページ切り替えの ナビゲーションが用意されていますので 右向き三角や左向き三角をクリックして ページを切り替えて確認することができます。 印刷プレビューで印刷イメージを確認した後 印刷を実行する前に 使用するプリンターや印刷部数を指定します。 使用するプリンターの選択は 左の設定項目の1番上に用意されています。 プリンターの下向き三角をクリックすると ドロップダウンでリストが表示されますので クリックで使用するプリンターを選択します。 印刷する部数の指定は印刷部数のボックスに クリックでカーソルを出し キーボードから部数を入力するか 右にある+ボタンや-ボタンをクリックして 指定します。 その他にも印刷の向きや 印刷するページの指定 拡大縮小印刷などが可能です。 例えば印刷の向きは「縦」となっています。 下向き三角をクリックすると 「横」に変更することができ 用紙の向きを横にして 印刷することができます。 印刷するページは 今「すべて」となっていますが 「現在のページ」を選択すると 現在プレビュー上に表示されている ページのみを印刷することができます。 ページ範囲を選択すると 下に範囲を指定するボックスが表示されるので クリックでカーソルを出し 例に記すように「1-3」などと入力し 範囲を指定して印刷することも可能です。 また拡大縮小印刷もできます。 現在は「縮小して全体を印刷する」という 設定になっていますが 倍率を指定して拡大縮小印刷ができます。 また余白の設定や ヘッダーとフッターを オン・オフの切り替えも行えます。 ヘッダーをオンにすると ヘッダーにはページ番号とページのタイトルが フッターには印刷した日の日付と ページの URL が表示されます。 その他にも更に詳細設定を行う場合には 「その他の設定」をクリックすると 使用するプリンターに合わせて 様々な設定を行うことが可能です。 では 印刷を実行するには 左下にある「印刷」ボタンをクリックすると 印刷を実行することができます。 では「印刷」ボタンをクリックして 印刷を実行します。 このレッスンでは Web ページを 印刷する方法について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。