Windows 10 基本講座

Webページを「リーディングリスト」に追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Webページを「リーディングリスト」に追加する方法について解説します。あとからじっくり読みたいWebページは「リーディングリスト」に登録しておくと、リストから選択するだけで目的のWebページをあとから簡単に表示することができます。
02:41

字幕

このレッスンでは Web ページを リーディングリストに追加する方法について 解説します。 後からじっくり読みたい Web ページは リーディングリストに登録しておくと リストから選択して目的のページを 簡単に表示することができます。 では、表示中の Web ページを リーディングリストに登録する 操作を見ていきましょう。 アドレスバー右の 「お気に入りまたは リーディングリストに追加」ボタンを クリックします。 「リーディングリスト」をクリックします。 名前の欄には Web ページの タイトルが入力されています。 クリックしてカーソルを出し 名前を変更することも可能です。 下にあります「追加」ボタンをクリックすると これで登録が完了します。 では「追加」ボタンをクリックします。 これでリーディングリストに 表示中のページを登録することができました。 ではリーディングリストから、登録した ページを表示する操作を見ていきますので Microsoft Edge を閉じるボタンを クリックして、一旦閉じます。 ではタスクバーの Microsoft Edge の アイコンをクリックして、再度起動します。 では先程登録したページを リーディングリストから表示してみましょう。 ハブボタンをクリックします。 「リーディングリスト」を クリックします。 先程登録したページが リストアップされています。 クリックすることで 簡単に目的のページを表示することができ 後からじっくりと読み返すことができます。 また、リーディングリストには いつ登録したかも表示されますので その時期を思い出しながら 読み返すこともできます。 リーディングリストは右上にあります 「このウィンドウをピン留めする」 のボタンをクリックして 固定して表示しておくこともできます。 固定を解除するには 「このウィンドウを閉じる」ボタンを クリックします。 これで固定は解除です。 ちなみにリーディングリストから ぺージを削除するには リーディングリストを表示し 削除したい項目を右クリックします。 「削除」をクリックすると これでリストから 削除することができます。 このレッスンでは Web ページを リーディングリストに追加し 後から簡単に表示する 方法について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。