Windows 10 基本講座

「Webノート」を使ってWebページに書き込みする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Webノート」を使ってWebページに書き込みする方法について解説します。手書きやテキストのメモを書き込みしたWebノートは「OneNote」や「お気に入り」、「リーディングリスト」などに保存してあとから確認することができます。
05:29

字幕

このレッスンでは Web ノートを使って Web ページに書き込みをする 方法について解説します。 Microsoft Edge では表示中の Web ページを基に Web ノートを作成し 手書きやテキストのメモを 書き込むことができます。 作成した Web ノートはお気に入り リストやリーディングリストに 保存しておき、後から再表示できます。 では表示中の Web ページから Web ノートを 作成する操作を見ていきましょう。 画面左上のボタンの中から 「Web ノートの作成」ボタンを クリックします。 これで表示中の Web ページを Web ノートとして作成することができます。 Web ノートの画面では タブが紫色に変化します。 では書き込みをしてみましょう。 左端のペンのボタンが有効になっています。 マウスでドラッグすると このように線を描く事ができます。 描いた線を削除するには左から3つ目の 「消しゴム」のボタンをクリックします。 消したい線をドラッグします。 これで削除です。 また ペンのボタンをクリックで選択した後 もう1度クリックすると 色とサイズを変更するリストが表示されます。 任意の色をクリックし マウスでドラッグすると このようにペンの色を変えて 線を描くこともできます。 ペンの右にあるのが 「蛍光ペン」のボタンです。 クリックして Web ノート上をドラッグすると 蛍光ペンを使って線を描くことができます。 消しゴムのボタンはクリックで選択した後 もう1度クリックすると 「すべてのインクをクリア」という コマンドが表示されますので 「すべてのインクをクリア」をクリックすると 描いた線を全てクリアすることができます。 消しゴムの右にあるのが 「コメントの追加」ボタンです。 「コメントの追加」ボタンをクリックし Web ノート上の任意の 位置をクリックします。 するとこのようにコメントを入力する為の テキストボックスが表示されます。 カーソルが点滅していますので キーボードからコメントを 入力することができます。 (入力音) 入力したコメントはコメントマークに マウスポインタをポイントし ドラッグすることで位置を 変更することも可能です。 コメントはコメントマークをクリックして 折り畳んだり展開したりする事ができます。 右下にある「削除」ボタン」をクリックすると コメントを削除することができます。 「コメントの追加」ボタンの右にあるのが 「クリップ」のボタンです。 クリップボタンをクリックすると 「コピーする範囲をドラッグする」と 表示されています。 任意の範囲をドラッグしましょう。 するとそのドラッグした範囲を クリップボードに画像として コピーすることができます。 よって他のアプリケーションに 図として貼り付ける事などが可能です。 このクリップのボタンは画面の一部を 画像として残しておきたいときに 使うとよいでしょう。 続いて Web ノートを保存する 操作を見ていきます。 では任意の書き込みをしておきましょう。 このようにドラッグ操作で 手書きで書き込みをしたり コメントの追加ボタンをクリックし 任意の位置をクリックして テキストボックスを 表示することができますので キーボードから文字を 入力することができます。 では作成した Web ノートを 保存する操作を見ていきましょう。 画面右上には「Web ノートの保存」と いうボタンが用意されています。 「Web ノートの保存」ボタンを クリックすると 保存する先を OneNote・お気に入り・ リーディングリストと 選択することができます。 今回はリーディングリストに保存しますので リーディングリストをクリックで選択し 下にある名前のボックスに 任意の名前を入力することができます。 今回はこのままにしておきましょう。 下にある「保存」ボタンをクリックすると これで作成した Web ノートを 保存することができました。 因みに 「Web ノートの共有」ボタンを クリックすると OneNote や Twitter などを使って 作成した Web ノートを 共有することができます。 Web ノートの作業を終了しますので 右端の「終了」ボタンをクリックします。 これで Web ノートの作業を終了し 元の Web ページが表示されました。 先程保存したリーディングリストの Web ノートを見てみましょう。 ハブボタンをクリックし リーディングリストをクリックします。 先程作成した Web ノートが 保存されていますので クリックして再表示することができ 書き込んだ情報を確認することができます。 因みに上部に表示される 「元のページに移動」をクリックすると 元の Web ページを画面上に 表示することができます。 このレッスンでは Web ノートを使って Web ページに書き込みをする 方法について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。