Windows 10 基本講座

閲覧履歴を確認する・削除する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
閲覧履歴の確認と削除について解説します。Microsoft Edgeには閲覧したWebページやフォームに入力した情報などが保存されています。履歴からWebページを再表示することができます。また履歴情報を削除することも可能です。
02:25

字幕

このレッスンでは閲覧履歴の 確認と削除について解説します。 履歴から Web ページを再表示したり 履歴情報を削除することができます。 では閲覧履歴から Web ページを 再表示する操作から見ていきましょう。 ハブボタンをクリックします。 「履歴」をクリックします。 閲覧履歴の一覧が表示されました。 一覧から再表示したい項目をクリックします。 これで Web ページを 再表示することができました。 続いて閲覧履歴を 削除する操作を見ていきましょう。 ハブボタンをクリックし 閲覧履歴の一覧を表示します。 各項目ごとに削除をする場合には 削除したい項目をマウスポインタでポイントし 右に表示されます 削除ボタンをクリックします。 これで履歴のリストから 閲覧履歴を削除することができます。 また、日付単位や時間単位での 削除も可能です。 時間の項目や日付の項目の右に表示されます 削除ボタンを使って 日付ごとや時間単位での 削除ができます。 また、右上に表示されます 「すべての履歴をクリア」をクリックすると 閲覧データの消去の画面が 表示されますので チェックボックスにチェックを付けて 閲覧データを 纏めてクリアすることもできます。 また、履歴を残さずに Web ページを閲覧することができる InPrivate タブ というものもありますので見ていきましょう。 詳細ボタンをクリックします。 上から2つ目の 「新しい InPrivate ウィンドウ」 をクリックします。 すると新しいウィンドウが開かれて その中に「InPrivate」タブが表示されます。 この「InPrivate」タブでは 終了後に閲覧データが PC から削除されます。 よって閲覧履歴は残らない というわけです。 このようなウィンドウもありますので 必要に応じて利用すると良いでしょう。 このレッスンでは閲覧履歴の 確認と削除について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。