Windows 10 基本講座

メールアプリのインタフェースについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
メールアプリのインターフェースについて解説します。メールアプリの画面構成はスッキリしてシンプルな構成です。コマンドを実行するボタン類も大きくなっているのでマウス操作に加えて、タッチ操作でも使いやすくなっています。
02:35

字幕

このレッスンではメールアプリの インターフェースについて解説します。 メールアプリの画面構成は すっきりしてシンプルな構成です。 コマンドを実行するボタン類も 大きく表示されていますので マウス操作は勿論タッチ操作でも 使いやすくなっています。 これから画面構成を確認しながら 操作をする上で基本となる 各部の名称と役割を見ていきましょう。 左に表示されている 構成要素から見て行きます。 「新規メール」をクリックすると 新しいメールを作成する事ができます。 その下の「アカウント」をクリックすると 右にアカウントを管理する 画面を表示する事ができ アカウントを追加することなどが可能です。 アカウントの下には現在メールアプリを 使用中のアカウント名が表示されます。 その下にはフォルダーの一覧が表示されます。 現在は「受信トレイ」が選択されていますので 右には受信トレイのメール一覧と 選択しているメールの 内容が表示されています。 フォルダーを切り替えるには マウスでクリックします。 下書きや送信するメッセージ また「その他」をクリックすると その他のフォルダーに 切り替える事もできます。 通常は受信トレイを選択しておきましょう。 受信トレイをクリックします。 フォルダー一覧の右にあるのが メール一覧です。 メール一覧で選択したメールの内容が 右のウィンドウに表示されます。 表示したいメールを メール一覧でクリックして 右のウィンドウで内容を確認します。 画面右上には 「返信」から「ズーム」まで 各種機能を実行する為の アクションボタンが用意されています。 画面の左上には 「折りたたみ」というボタンがあり こちらをクリックすると フォルダー一覧を折り畳む事ができ 作業領域を広くして使う事が可能です。 フォルダー一覧が折り畳まれている場合には フォルダーのアイコンをクリックすると フォルダーの一覧を表示する事ができます。 折りたたみボタンをもう1度クリックすると 一覧に展開して表示する事ができます。 フォルダー一覧の下には 予定表に切り替えたり 設定を変更するためのボタンも 用意されています。 このレッスンではメールアプリの インターフェースについて解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。