Windows 10 基本講座

メールに返信する・メールを転送する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Windows 10に標準搭載されているメールアプリを使って、メールに返信する方法と、メールを転送する方法について解説します。
03:14

字幕

このレッスンではメールアプリを使っての メールの返信と転送について解説します。 受け取ったメールに返事を出すときは 「返信」ボタンを使うと、宛先や件名が 自動的に指定されるので 素早く返事を出すことができます。 返信操作を見ていきましょう。 返信したいメールを選択し 「返信」ボタンをクリックします。 するとメッセージウィンドウに 返信メールが作成されます。 宛先と件名は自動的に指定されています。 宛先は返信したい相手の宛先が 件名には元々の件名プラス 先頭に RE と表示されています。 RE は「~について」という意味で 返信メールであるということを表します。 件名はクリックでカーソルを出して 変更することも可能です。 返信メールの場合は このままにしておくと良いでしょう。 続いてメッセージ本文内には オリジナルメッセージが表示されています。 メールのやり取りの履歴を確認したいときには このままにしておくとよいでしょう。 削除をしたい場合には ドラッグで選択するなどして キーボードの Delete キーや Backspace キーを使って 削除が可能です。 では メールの返事を書いていきましょう。 メッセージ本文内に クリックでカーソルを出し キーボードからメッセージを入力します。 (入力音) メッセージ本文を入力しました。 あとは右上にある 「送信」ボタンをクリックすると メールを送信することができます。 送信ボタンをクリックします。 これでメールを送信することができました。 返信したメールについては 受信トレイの受信一覧で 矢印がついて表示されます。 ではフォルダー一覧の 「送信済みメッセージ」をクリックし メールが送信されたことを 確認しておきましょう。 このように 返信ボタンを使うと 素早くメッセージを返信することができます。 メールを転送する場合には 転送したいメールを選択し 「転送」ボタンをクリックすると メッセージウィンドウには 転送メールが作成されます。 「転送」ボタンをクリックして作成した 転送メールの件名は 元々の件名プラス先頭に FW と付きます。 FW は Forward の略で 「転送」という意味です。 転送メールは宛先は自動的には 指定されませんので 宛先は入力するようにしましょう。 あとはメッセージ本文を入力し 「送信」ボタンをクリックすると 送信することが可能です。 このレッスンではメールの返信と 転送について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。