Windows 10 基本講座

カレンダーアプリで予定を管理する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Windows 10に標準搭載されているカレンダーアプリで予定を管理する方法について解説します。
06:05

字幕

このレッスンでは Windows 10 に 標準で搭載されている カレンダーアプリで予定を管理する 方法について解説します。 カレンダーアプリの起動操作から 見ていきましょう。 スタートボタンをクリックし スタートメニューを表示します。 カレンダーのタイルをクリックするか 「すべてのアプリ」をクリックし 「カレンダー」をクリックします。 これでカレンダーアプリを 起動する事ができました。 表示された「使ってみる」のボタンを クリックします。 アカウントを追加する画面が表示されます。 Microsoft アカウントで Windows に サインインしている場合や メールアプリなどに既にアカウントを 追加している場合には そのアカウント名が表示されるので 下にある「開始」ボタンをクリックして すぐにカレンダーアプリを 使い始めることができます。 別のアカウントを追加する場合には アカウントの追加ボタンをクリックすると Google や iCloud のアカウントを 追加することも可能です。 では、下にある「開始」ボタンをクリックし カレンダーの使用を開始します。 カレンダーが表示されました。 画面構成を見ていきましょう。 最大化ボタンをクリックして 画面を最大化しておきます。 画面の左には月形式のカレンダーと その下にはアカウントの一覧が 表示されています。 左1番上の「折りたたむ」という ボタンをクリックすると 左の領域を折りたたむことができます。 1番下にはメールアプリに切り替えるボタンや 設定を変更するためのボタンも 用意されています。 月形式のカレンダーは下向き三角や 上向き三角をクリックして 月ごとに切り替えて表示する事ができます。 更に 下の方にある「追加のカレンダー」と いう項目をクリックすると 休日カレンダーを追加することができます。 例えば、日本の休日を追加するのであれば 「日本」の項目をクリックして チェックをつけます。 これで日本の休日カレンダーを 追加することができ カレンダー上に休日が表示されました。 カレンダーの表示も様々な表示形式に 切り替えることができます。 初期設定では月表示となっていますが 「日」をクリックすると一日表示 「稼働日」表示や「週」単位での表示 それから一年表示に 切り替えることもできます。 カレンダー表示画面の左上には 戻るボタンや進むボタンが用意されているので クリックして月ごとに戻ったり 進んだりすることができます。 ではイベントを追加する操作を 見ていきましょう。 左上の「新しいイベント」をクリックします。 するとイベントを追加する 画面が表示されました。 明日の10時から12時の予定で ミーティングのイベントを追加してみましょう。 「イベント名」にカーソルが 点滅していることを確認し イベント名を入力します。 続いて「場所」のボックスをクリックして カーソルを出し 場所を入力することができます。 では「第一会議室」としておきます。 続いて開始日の設定です。 右にあるカレンダーのボタンをクリックし では明日の日付をクリックします。 時刻は下向き三角で 10時を選択します。 因みに時刻はクリックでカーソルを出して キーボードから入力することもできます。 続いて終了時刻は ではクリックでカーソルを出して こちらはキーボードから入力してみましょう。 下にはイベントの詳細情報を入力しておく ボックスも表示されているので 必要に応じて使っていきましょう。 その他にも上の方には 公開方法を変更したり アラームを設定するような ボックスも用意されています。 繰り返しの設定や 参加者を招待するような機能も 用意されています。 保存しますので、左上の 「保存して閉じる」をクリックします。 これで明日の10時からミーティングの予定を イベントとして追加することができました。 カレンダー上のイベントに マウスポインタをポイントすると イベントの内容が表示され 詳細情報をクリックすると 編集画面が表示されるので 手直しをする事ができます。 因みに上の方にある「削除」ボタンを使って イベントを削除することが可能です。 イベントの追加は カレンダー上で行うこともできます。 先程は左上の 「新しいイベント」をクリックして イベントを追加しましたが カレンダー上のイベントを追加したい 日付をクリックすると このようにイベントの概要を入力するための ボックスが表示されるので イベント名を入力し 終日ならば「終日」のチェックを付けたままで そうでない場合は「終日」のチェックを外すと 時刻の設定ができるようになります。 あとは「完了」ボタンをクリックすると これで素早くイベントを 追加することができます。 因みに追加したイベントをクリックして 編集画面を表示する事ができるので 詳細情報を追加することができます。 このレッスンではカレンダーアプリで 予定を管理する方法について解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。