Windows 10 基本講座

既定のアプリケーションを選択する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既定のアプリを選択する方法について解説します。既定のアプリとは、曲、ムービー、写真、Web ページなど特定の種類のファイルを開くときにWindows によって自動的に使用されるアプリケーションです。
02:57

字幕

このレッスンでは既定のアプリケーションの 選択方法について解説します。 既定のアプリケーションとは 写真・音楽・Web ページなどの 特定の種類のファイルを開く時に Windows によって 自動的に使用される アプリケーションのことです。 例えば写真のファイルを ダブルクリックして開くと フォトアプリというアプリケーションが 自動的に起動し、ファイルが開かれます。 Windows では、このフォトアプリが 写真を開くための 規定のアプリケーションとして 選択されているからです。 使用中のパソコンに写真を扱う アプリケーションが複数ある場合には 別のアプリケーションに 既定のアプリケーションを 切り替えることが出来ます。 では見ていきましょう。 フォトアプリは閉じるボタンをクリックして 閉じておきます。 写真を開く規定のアプリケーションを 変更してみます。 スタートボタンをクリックし 「設定」をクリックします。 設定画面が表示されました。 「システム」をクリックします。 左のメニューから 「既定のアプリ」をクリックします。 「既定のアプリの選択」という 画面が表示されました。 ここで、それぞれのファイルの種類ごとに 規定のアプリケーションが 設定されていますので 「フォトビューアー」に注目しましょう。 写真を扱うアプリが 「フォト」として指定されていますね。 フォトアプリが選択されている ということです。 では「フォト」をクリックすると 「アプリを選ぶ」という リストが表示されますので ここで「ペイント」をクリックして 「フォトビューアー」を 「ペイント」に切り替えます。 こうすることで写真のファイルを ダブルクリックして開くと 「ペイント」が自動的に起動し ファイルが開かれるようになります。 では見てみましょう。 設定の画面は閉じるボタンを クリックして閉じます。 では先程と同じように 写真のファイルをダブルクリックします。 すると、起動したのは 「ペイント」です。 今、写真を開く規定のアプリケーションを 「ペイント」に変更したからです。 このように Windows では それぞれの種類のファイルを開く際の 既定のアプリケーションを 設定画面の「システム」> 「規定のアプリ」をクリックして 変更することができます。 ちなみにファイルを開く時に ファイルをダブルクリックするのではなく ファイルを右クリックし ショートカットメニューの 「プログラムから開く」をポイントすると 開くアプリケーションを選択して ファイルを開くことが可能です。 このレッスンでは Windows によって 自動的に使用される 既定のアプリケーションの選択方法について 解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。