Windows 10 基本講座

暗証番号(PIN)を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
暗証番号(PIN)を設定して、Windows 10にサインインするユーザー認証をパスワードから暗証番号に切り替える方法について解説します。
03:25

字幕

このレッスンでは暗証番号を設定して Windows にサインインするユーザー認証を パスワードから暗証番号に 切り替える方法について解説します。 Windows のサインインの 画面が表示されています。 現在こちらのユーザーは パスワードを入力して Windows にサインインします。 ではこれから暗証番号でのサインインに 切り替えていきましょう。 設定画面を表示します。 スタートボタンをクリックし 「設定」をクリックします。 設定画面の「アカウント」を クリックします。 左のメニューから 「サインインオプション」をクリックします。 「パスワード」や「PIN」 そして「ピクチャパスワード」を 設定する項目が 表示されました。 暗証番号は「PIN」の「追加」ボタンを クリックして設定することができます。 では「PIN」の「追加」ボタンを クリックします。 すると、パスワードの入力が 求められます。 現在サインインしているユーザーの パスワードを入力します。 「サインイン」をクリックすると 暗証番号を作成するための 「PIN のセットアップ」という 画面が表示されます。 暗証番号は4桁以上の 数値で指定します。 新しい PIN のボックスに クリックでカーソルを出して 任意の数字を入力します。 下のボックスにも確認のために 同じように入力しましょう。 右下にあります OK ボタンをクリックします。 これで PIN の設定は完了です。 「この PIN を使って Windows に サインインできます。」と表示されました。 暗証番号は設定した デバイスでのみ有効です。 よって別のデバイスから、なりすまして サインインすることなどはできませんので パスワードよりも安全性が高い と言われています。 ちなみに変更したり削除をするためのボタンが 下に用意されています。 また「ピクチャパスワード」という 項目を使うと お気に入りの写真等を使って Windows にサインインすることもできます。 では暗証番号を設定してのサインインに 切り替わりましたので 画面をロックして 確認してみましょう。 スタートボタンをクリックし アカウント名をクリックします。 ロックをクリックします。 ロック画面が表示されました。 では任意の位置をクリックし Windows のサインインの 画面が表示されました。 暗証番号を入力しての サインインに切り替わっていますね。 ちなみに下にあります 「サインインオプション」をクリックすると パスワードでの入力に 切り替えることも可能です。 では設定したパスワードを入力し これで Windows に サインインすることができます。 このレッスンでは 暗証番号を設定して Windows にサインインする ユーザー認証をパスワードから 暗証番号に切り替える方法について 解説しました。

Windows 10 基本講座

2015年にリリースされたWindows 10 はパソコンのほかタブレットやスマートフォンでも使用できます。このコースではWindows 10 の使い方を基本から解説します。Microsoftアカウントの取得やアクションセンターの操作、新しく搭載されたMicrosoft Edgeの使い方、タッチ操作やファイルの共有、パックアップや復元などについて説明します。

4時間40分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。