LinkedInのスポンサードコンテンツを活用しよう

スポンサードコンテンツとは

無料レッスンを視聴する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る

スポンサードコンテンツの概要を理解しましょう。

講師:
03:01

字幕

このレッスンでは スポンサードアップデートという LinkedIn の中の広告の機能についての 概論をお伝えさせて頂こうと思います。 LinkedIn のフィールドを見ていると この「スポンサード」という 文字が出てくることがあると思います。 これですね、ここに表示されてます。 「LinkedIn では、プロフィールにマッチする スポンサーコンテンツが提示される 場合があります。」となってますが これは、この広告をこの企業が 出稿されていて 私という、田村というユーザーに この広告を見せているという状態になります。 この広告機能、特に大企業じゃないと 使えないということではなくて 中小企業とか個人事業の方でも 非常に簡単に出稿することができます。 で、この広告の状況なんですけれども 今ですね、この日本。広告を設定する時に エリア設定ができるんですが 日本だけ設定した場合 予想ターゲットユーザーの数が 909,000 人 という形になります。 百万人近いユーザーに対して 自身の情報が届けられると いう形になってきますので 非常に有効な手段に なりつつあるのではないかと思います。 で、当然ながら日本だけじゃなく世界では ビジネス SNS として スタンダードな LinkedIn ですので、より 有効な手段になっていくかなと思います。 PC はもちろん、スマートフォンや タブレット等、あるゆるデバイスで 露出することが可能ですので その相手ユーザーが 屋内にいようが、屋外にいようが どういう状況であろうが しっかりとコンテンツは届くと いう形になってきます。 この広告を使っていると こういうレポートが自動的に生成されます。 いつ何クリックされたか どれぐらい金額がかかったかというのも 特に外部ツールを使わなくても このレポート機能で見ながら BDCA がまわせるという 非常に使いやすい機能になってます。 更にこちら、どういう人が この広告を見たかというのも デモグラフィック属性がしっかりと 確認ができるということですので 狙ったターゲットに、しっかりと 届いているか という所もチェックしながら 広告を展開することができると 更に、この広告だけじゃなくて このデモグラフィック属性を見ることによって 他のメディアでの展開でも 1つの根拠となるデータになってくると いうデータも採れますので しっかりとこちらも 利用して頂ければな と思います。 LinkedIn の広告というのは スポンサードアップデートというものと ダイレクトレスポンスコンテンツという 大きく2つに分けられるんですけど それぞれの特徴をうまく生かしながら ビジネスに役立てて頂ければなと思います。 このレッスンでは LinkedIn の広告機能 スポンサードアップデートについての 概要をお伝えさせて頂きました。

LinkedInのスポンサードコンテンツを活用しよう

LinkedInのスポンサードコンテンツとはLinkedInユーザーに向けて発信する広告のことです。各ユーザーのプロフィールを元に詳細なターゲット設定をすることができます。また出稿金額も数百円単位から可能です。このコースではスポンサードコンテンツについて、キャンペーンの作成手順、出稿する広告の設定、出稿後の分析方法などを解説します。

1時間06分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
無料コース
発売日:2016年05月11日
アップデート日:2016年06月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。