LinkedInのスポンサードコンテンツを活用しよう

アカウントダッシュボードの概要

無料レッスンを視聴する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
基本画面に記載されている内容を把握しておきましょう。
講師:
08:08

字幕

このレッスンでは LinkedIn スポンサードアップデートで使う上で 基本となるアカウントダッシュボードという 画面の概要についてお伝えします。 このアカウントダッシュボードに行って すべての広告の操作を行う訳なんですが ここにアクセスする手法というのは 2通りあります。 まず今 LinkedIn にログインした状態の 画面がこちらなんですが この URL の後に 「/」を打ちまして ads アドですね 「ads」と入力します。 このまま Enter ボタンを押して下さい。 そうすると、この 「LinkedIn 広告ソリューション」 という画面に移動してきますので ここから「広告を掲載」 こちらをクリックします。 で、出てきたのが所謂 アカウントダッシュボード という画面になります。 ここから広告の操作を いろいろするわけなんですが もう1つ、このアカウントダッシュボードに 来る方法があります。 LinkedIn のホーム画面に もう一度戻りますね。 元の画面に戻ってきました。 ここから先程は URL を 直接入力したんですけど 今回は、ここ「ビジネスサービス」という所に マウスを持ってきて頂いて 「広告ソリューション」 こちらをクリックします。 そうすると、こちらの 「LinkedIn 広告ソリューション」の 画面に来ますので、同じく 「広告を掲載」をクリックします。 そうすると、アカウントダッシュボードの 画面に来ました。 このアカウントダッシュボードの画面に来ると 今このアカウントの場合は 既に広告を運用してますので こういう風に広告の結果が 表示されてるわけなんですけど 最初は、このアカウントのページに行きます。 ちょっと元のページに行きますね。 これが私がいま操作できる アカウントの一覧になります。 私の場合はこの「WEB_TIGER」という 団体のアカウントを 1つだけしか操作できないように 今しているんですけど 複数の企業アカウントを管理されてたりすると この下にずっと その企業のアカウントの名前が 並んでくるという形になります。 ここ、アカウントのステータスが 今「すべて」となってるんですが 「利用可能」なものと「保留中」 どちらかだけ表示させたい時には こちらを選択するという形にできます。 その右側、「期間」ですね。 今「すべて表示」となってるんですが こちらもクリックすると 「過去7日間」の結果、あるいは 「過去 30 日間」動いてるアカウントの結果 という形に絞って見ることも可能です。 ということです。 ここに今、このアカウントの場合 「WEB_TIGER」というのが 1つだけなんですが どんどんアカウントを追加したいという場合は 右上の黄色いボタンですね こちらをクリックします。 ここで追加したいアカウントを 入れていくということをしていくと 複数のページの広告が ここから操作できるという形になってきます。 一旦「キャンセル」を押して閉じますね。 で、あとこの画面で見といて頂きたいのが 右上のここに アイコンが表示されてるんですけど ここから LinkedIn から サインアウトしたりとか このキャンペーンマネージャー アカウントダッシュボードからではなくて この LinkedIn の元の画面に戻ったり という操作も このアイコンボタンからできる という形になっています。 で、次ですね。 アカウントの内容を見ていきましょう ということで、今このアカウントから 動かせる「WEB_TIGER」と このアカウントをクリックしてみます。 ここを見ると まずここ、一番上の所 歯車マークがあるんですけど これでアカウントの操作がいろいろできる という形になります、クリックしてみます。 アカウント情報を編集したりとか アクセス権ですね。 他のユーザーと一緒に、この広告アカウントを 運用する場合なんか、これを使います。 「開始ページとして設定」 LinkedIn にログインした時に これが開くように設定しておくという 所であるとか お支払い履歴ですね、とか 通知の設定がここからできる という形になります。 ずっと下に行きますと ここに3つ広告が並んでます。 このアカウントで最近、発信した この広告メニュー スポンサードアップデートメニュー なんですけど、これ1つずつ見ていくと ここに、それぞれの「インプレッション」 「クリック」「平均 CTR 」 「ソーシャルアクション」 「エンゲージメント」等々ですね。 が、こちらから見れるという 形になります。 今ここ「オン+オフ」と書いてるんですが これ今走ってる広告なのか 今はもう走らせてない終わった広告 もしくは中断した広告、すべてが出るという 設定になってます。 こちらクリックすると 「オン」 これオンを押してみますね。 「オン」を押すと、今走ってるもののみが 表示されるという形になります。 で、逆にもう一度クリックします。 「オフ」をクリックすると 走っていたけれど いまは公開されていない広告のみが 表示されるという形になります。 これ元に戻しておきます。 ここクリックして「オン+オフ」で いずれの広告も表示されると いう形になります。 で、ここからもうずっと上に行くと 先程もチラッと写ってましたが すべての「インプレッション」数 「クリック」数、「ソーシャルアクション」数 「コスト」という形で 大きく表示されていますので 確認がしやすくなってます。 ちょっと下に移動して これが時系列ですね。 いついつにどれだけクリックがありました というのがずっとここに出ているという形です。 これも過去 30 日と 「今日」「昨日」、過去なのか 「今月」「先月」「すべての期間」という形で 調整することができますし 更にもう1つ下ですね 「カスタム」という所をクリックしますね。 ここをクリックすると いつからいつまでと いうのも設定ができると いう形になります。 30 日に戻しておきます。 これで成果はわかるんですけど この右側 「クリック統計データ」 というのがあります。 こちらクリックすると どんな人たちがこのクリックをしたのか 会社の業種とか場所ですね。 あと「シニアレベル」の方か 「エントリーレベル」、社員レベルですね、 の方かで、どのぐらいの会社の規模の方が したのかと、クリックしたのかというのも こちらで見ることができます。 それがそれぞれのコースによって 今全体のお話が出ているんですけど それぞれの広告によって 見ることが出来るという形になります。 最後に広告を作るときは 「キャンペーンを作成」というボタンを押して 広告を作っていくという 流れになるんですけど まずこのレッスンでは アカウントダッシュボードの概要 何が表示されているか 何が操作できるという所まで ご理解頂ければ いいかなという所です。 これをいろいろ見てみて まずこの自分のアカウントの状態 何を設定しないといけないのか等々ですね 考えてみて下さい。 このレッスンではアカウントダッシュボードの 概要をお伝えさせて頂きました。

LinkedInのスポンサードコンテンツを活用しよう

LinkedInのスポンサードコンテンツとはLinkedInユーザーに向けて発信する広告のことです。各ユーザーのプロフィールを元に詳細なターゲット設定をすることができます。また出稿金額も数百円単位から可能です。このコースではスポンサードコンテンツについて、キャンペーンの作成手順、出稿する広告の設定、出稿後の分析方法などを解説します。

1時間06分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
無料コース
発売日:2016年05月11日
アップデート日:2016年06月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。