Premiere Pro CC 2015のアップデート

モーフカットを利用してジャンプカットを滑らかに加工

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、AdobePremiereProの新機能、「モーフカット」の使い方につて解説します。
講師:
03:00

字幕

ここでは AdobePremierePro の新機能 モーフカットの使い方について解説いたします PremierePro CC の2015から 新しく搭載された機能に モーフカットというのがあります モーフカットというのはですね morphing から来ている用語なんですけれども morphing というのはある形から別の形にですね スムーズに形を変化していくアニメーションを 作るための機能なんですけれども 例えば猿の顔をですね ライオンの顔に 変換するような時にですね スムーズに変化していくような アニメーションを作れるんですが その morphing からですね 来ているモーフカットというんですけれども 実際どんな時に使うかなんですが 例えば会話をしているところなんですけれども こんなときにですね なんかこう 余計な事を喋っちゃったとかですね あるいは 逆に何も喋らない 無言のシーンが何秒か続いたという時に その部分をカットして上手く 繋げようという機能になりますね 要するに繋げるので この場合には 機能的にはですね トランジションという形で設定する事になります はい ではちょっとやってみたいと思います まずカットする部分を決めます 例えば この辺からこのあたりまで 切っちゃいましょうか これをですね この辺から ちょっとこの辺まで切ってみます で ここのところですね削除して これを上手く繋げます 繋げるとですね 繋げたところ こんな形で カクっとなってますね ちょっと再生してみると カクっと こういう風になります これをですね 上手く繋げるのがモーフカットです モーフカットはどこにあるかというとですね エフェクトの中の ビデオトランジションですね カテゴリーがですね ディゾルブになります ディゾルブの中の下の方にですね モーフカット これがあります これをですね 今カットした 接続した部分にドラッグアンドドロップで 設定してあげます そうすると バックグラウンドで 分析しているというですね 作業が始まります 何を分析しているかというとですね 前のカットと後のカットの 繋がっている部分をですね 検出して それをスムーズに繋げるためには どうすればいいかというですね 一生懸命分析して 計算していると で これで終わりました 分析が終わってですね 上手く繋がると こんな感じで 非常に上手くスムーズにですね 繋がっています ちょっと再生してみましょうか はい というような感じで カクっていうのがですね 無くなります これはですね モーフカットの特徴になります ここでは AdobePremierePro の新機能 モーフカットの使い方について解説いたしました

Premiere Pro CC 2015のアップデート

Premiere Pro はプロフェッショナル向けのビデオ編集ソフトです。今回アップデートされたPremiere Pro CC 2015では、Lumetriの優れたカラー補正機能を標準で搭載しています。このコースでは、これらの新機能や機能強化の中で利用するととても編集作業がスピーディーになるお勧め機能を選んで解説します。

2時間13分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。