Premiere Pro CC 2015のアップデート

シーケンスの設定方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、AdobePremiereProでビデオ編集を行うときに利用するシーケンスの設定方法について解説します。
講師:
07:37

字幕

ここでは Adobe Premiere Pro で ビデオ編集を行う場合に利用する シーケンスの設定方法について解説します Adobe Premiere Pro を起動すると この様なスタートアップメニューの 画面が表示されます この画面は一番新しいです Adobe Premiere Pro CC 2015 2015 です そのバージョンです このバージョンから 構成内容が少し変わっています 「新規作成」という所は 以前ですと 新規プロジェクトだけだったのですが 今回から「 Premiere Clip プロジェクトを変換」というメニューが 1個追加されています ここでは通常の編集を行っていきますので 「新規プロジェクト」をクリックします すると 新規プロジェクトの 設定パネルが表示されます ここで設定を行うのですが 行うポイントは2つです まず プロジェクトの名前 ここに新しく名前を入れます 例えば― 英語で名前を入れて プロジェクトの保存場所を設定します デフォルトでは ドキュメントフォルダの中の Premiere のフォルダの中に 保存されるように設定されていますが 個別の設定したい 保存したいという場合には この「参照」ボタンをクリックして 保存するフォルダを選択します あと 設定は「 一般」タブと 「スクラッチディスク」の 2つのタブがあります これは必要に応じて それぞれ設定していきます デフォルトのもので OK ですので 「 OK 」ボタンをクリックします そうすると Premiere Pro の 編集画面が表示されます 以前のバージョン 例えば CS6 とか CS5 の場合は この編集画面が表示される前に シーケンスの設定パネルが表示されたのですが 現在では表示されません そして いきなり編集を始めるわけではなく ここで素材を取り込んできます 素材の読み込み方法ですが いろいろ いくつかあります 「ファイル」メニューから 「読み込み」を選んでも構いませんし プロジェクトパネルの何もない所を ダブルクリックすると この様にファイルの 読み込みパネルが表示されますので 例えば ここで「ビデオ」を フォルダを選んで 読み込むことができます フォルダごと読み込みたい場合には 「フォルダを読み込み」をクリックします Mac の場合「フォルダを読み込み」の ボタンが無いので フォルダを選択して 「開く」ボタンをクリックします 「フォルダを読み込み」をクリックすると この様に フォルダごと読み込みます フォルダがそのまま ビンになっている形です これをダブルクリックすると 中に この様に ファイルが保存されています 次は シーケンスの設定を 行わなければなりません シーケンスと言うのは素材を 目的に応じて並べていく場所です シーケンスはタイムラインパネルの 中に設定します 以前は この設定が 非常に難しかったのですが 現在では このファイル 例えば映像ファイルを タイムラインの所に ドラッグ & ドロップすると この様に自動的に シーケンスが設定されます では このシーケンスの 設定内容を見ますと 「シーケンス」メニューから 「シーケンス設定」をクリックすると この様にファイルの属性に応じて 自動的に設定されます 編集モードがAVC-Intra 100 それと タイムベースが 29.97 フレーム / 秒です 後はピクセル縦横比が 正方形ピクセル( 1.0 ) あと フレームサイズですが これが 1920 × 1080 この設定内容は全て フルハイビジョンのデータです この映像自身がフルハイビジョンの 映像データなので それをそのまま踏襲して きちんと設定されています 特に問題経なければ このまま 「 OK 」ボタンをクリックします これでシーケンスが設定されて この中で編集していくわけですが このシーケンス名は ドラッグ & ドロップした ファイルの名前をそのまま 引き継いでいますので この名前を変えたい場合には シーケンスの名前を変更します これがシーケンスのサムネイルです ここにある小さなこのマーク これがシーケンスの情報です ここは名前の所で クリックすると名前の変更ができますので ここで― この様に名前を変えます こちらのタブのシーケンスの名前も 自動的に変わります あと この他に 今は自動的に設定しましたが 旧来の自分で手動で設定する方法もできます 目的に応じてシーケンスを 作っていきたい場合 この場合には「ファイル」メニューから 「新規」の中にある 「シーケンス」を選択します すると おなじみの シーケンスのプリセットが表示されます ここで利用したいプリセットを 選んでいきます 例えば AVCHD のファイルで アナモルフィックのデータを利用したい場合 アナモルフィックを選択して下さい これで「 OK 」ボタンを押すと この様に「シーケンス 01 」と言う シーケンスが作られます このシーケンスの設定内容を見ます 「シーケンス」の 「シーケンス設定」を見ると この様に アナモルフィックで 25.00 のタイムベースで ピクセルの縦横比はアナモルフィック と ここで確認できます これで「 OK 」ボタンを押します この場合ですが これから利用する映像ファイルと シーケンスの設定内容が 若干 違っています ここへ映像ファイルを ドラッグ & ドロップすると この様に「クリップの不一致に関する警告」 メッセージが表示されます これはシーケンスの設定内容と これから編集しようとしている 映像データの設定が違います というメッセージです それをどうするか? 2つの選択肢があります 「現在の設定を維持」と 「シーケンス設定を変更」の2つです 「現在の設定を維持」というのは シーケンスの設定内容の アナモルフィックをそのまま維持する 「シーケンス設定を変更」というのは 今 ドラッグ & ドロップした ファイル形式に応じて シーケンスの内容を自動的に変えることです どちらかを選びます シーケンスの設定内容を そのまま維持したい場合は 「現在の設定を維持」をクリックします すると シーケンスの設定に応じて ファイルを扱っていけるようになります この様に2つの方法で シーケンスの設定をすることができます ここでは Adobe Premiere Pro で ビデオ編集を行う場合に利用する シーケンスの設定方法について解説しました

Premiere Pro CC 2015のアップデート

Premiere Pro はプロフェッショナル向けのビデオ編集ソフトです。今回アップデートされたPremiere Pro CC 2015では、Lumetriの優れたカラー補正機能を標準で搭載しています。このコースでは、これらの新機能や機能強化の中で利用するととても編集作業がスピーディーになるお勧め機能を選んで解説します。

2時間13分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。