Premiere Pro CC 2015のアップデート

タイムリマップでのスローモーション作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムリマップへのフレーム補完でも、通常のフッテージで美しいスローモーションが実現できます。ここでは、その操作方法について解説します。
講師:
05:01

字幕

Premiere Pro で スローモーションを実現する際 新しく搭載されたオプティカルフロー オプションを利用することで 動きがスムーズで綺麗なスローモーションを 実現することができるようになりました。 ここでは、そのオプティカルフローオプション の使い方について解説いたします。 Premiere Pro でスローモーションを 実現するには、レートを調整するツール 或いは速度・デュレーションコマンドを 利用する方法があります。 しかし、これまでの保管テクノロジーでは 動きがスムーズでなく どうしても綺麗なスローモーションが 実現できませんでした。 しかし、今回の新機能である オプティカルフローオプションを利用すると 動きがスムーズで美しいスローモーションが 実現できるようになりました。 では早速、スローモーションを 設定してみたいと思います。 まずスローモーションを設定するクリップ これを選択します。 このプールに落ちるシーン、このクリップを スローモーションにしてみたいと思います。 まずクリップを選択して右クリック そしてメニューの中から 「速度・デュレーション」 これを選択します。 そうするとデュレーション設定用の ダイアログが表示されますので 例えば「速度」この100%を 50%、2分の1にします。 次に保管の方法ですが ここに「保管」という項目があります。 現在「フレームサンプリング」 これが選択されています。 「フレームサンプリング」と 「フレームブレンド」 これは、これまでの保管方法ですが その下に「オプティカルフロー」 というオプションのがあります。 これが新しく搭載された保管方法です。 これを選択します。 選択できたら OK ボタンをクリックして下さい。 そうすると、デュレーションが 2倍の長さになっています。 ここで動きを確認したいのですが このオプティカルフローを利用した場合には 動きを確認する場合には、必ず レンダリングを実行してください。 全体をレンダリングしてると 時間が掛かりますので 今回、インとアウトでレンダリングする場所を 指定してみたいと思います。 まず、この落ちる直前の所から 「イン」を設定し 落ちた辺りまでを「アウト」 この間をレンダリングしていきます。 「シーケンス」メニューから 「インからアウトをレンダリング」を選択します。 そうするとレンダリングが実行されます。 動きを確認してみましょう。 ちょっと拡大します。 この様にスローモーションが 実現されています。 少し部分を拡大してみたいと思います。 これまでスローモーションを設定すると この輪郭の部分がブレていて このブレがスムーズに綺麗な スローモーションには見えなかったのですが 今回は、このブレが非常に少ない 綺麗なスローモーションに なっている事が分かるかと思います。 全体を表示します。 この様にレンダリングが必要ですが 編集の中でレンダリングするのではなくて 出力時にレンダリングすることもできます。 シーケンスを選択して 「ファイル」メニューの「書き出し」で ここから「メディア」を選択します。 これが書き出し設定用のウィンドウですが この中にある、下の所に 「保管」という項目があります。 ここの所、同じ様に三角ボタンをクリックして メニューを表示すると 「オプティカルフロー」これがあります。 これを選択して 「書き出し」或いは「キュー」を選択して 書き出すことによって、スムーズな スローモーションで出力することができます。 Premiere Pro でスローモーションを 実現する際、新しく搭載された オプティカルフローオプションを 利用することで 動きがスムーズで綺麗なスローモーションを 実現することができるようになりました。 ここではそのオプティカルフローオプションの 使い方について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015のアップデート

Premiere Pro はプロフェッショナル向けのビデオ編集ソフトです。今回アップデートされたPremiere Pro CC 2015では、Lumetriの優れたカラー補正機能を標準で搭載しています。このコースでは、これらの新機能や機能強化の中で利用するととても編集作業がスピーディーになるお勧め機能を選んで解説します。

2時間13分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。