AutoCAD LT 2017の新機能

新しいライセンス管理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しくなったライセンス管理方法について説明します。
講師:
03:54

字幕

このレッスンでは、新しくなった ライセンス管理方法について説明します。 Autodesk 社は 2016 年 1 月をもって 永久ライセンス、つまり購入したライセンスは 永久に使用権を持つ形式のライセンスの 新規販売を終了しました。 それに伴い 2016 年春に販売が開始された バージョン 2017 製品からは、 期間限定ライセンスである 「シングルユーザーライセンス」と 従来のネットワークライセンスを 「マルチユーザーライセンス」と改めた 2種類のライセンス形態での 販売を開始しています。 なお以前から メンテナンスサブスクリプション、 つまり永久的な使用権のあるライセンスを 所有されている方は 引き続きそのままご使用いただけます。 シングルユーザーライセンスは 従来のスタンドアロンライセンスに 代わるもので 最短で1か月、最長で3年間の 期限を切った形での ライセンス提供がなされます。 ちなみに昨年までは 「デスクトップサブスクリプション」と 呼ばれていた購入方法のことです。 インターネット接続により ライセンスの確認が行われますので、 最大 30 日に一度は インターネットに接続する必要があります。 マルチユーザーライセンスは 従来のネットワークライセンスと 同等のライセンス形態です。 ある程度の規模を持った企業での 使用に向いているライセンス形態で、 社内のサーバーに格納された ライセンスファイルによって ライセンスの管理が行われます。 次にインストールの手順が新しくなりました。 インストーラ―が起動した後 インストールボタンをクリックした後は すぐにソフトウェアの モジュールの確認の画面になります。 従来はインストールの際に シリアル番号と プロダクトキーを入力していましたが、 その操作はインストール完了後 最初に起動する際に実施します。 インストールするモジュールの確認時には 同時にサブコンポーネントの インストールの確認も行えます。 インストールモジュールの最終確認後 インストールボタンを押して インストールが開始されます。 終了すると終了画面が現れます。 インストールを完了後 初めて AutoCAD LT 2017 を起動する際には この画面が現れます。 お手持ちのライセンスが シングルユーザーライセンスの場合は 「シリアル番号を入力」ボタンを クリックします。 マルチユーザーライセンスの場合は 左のボタンをクリックします。 どちらの場合でもこの後に アクティベーションの画面が表示され シリアル番号とプロダクトキーを入力、 マルチユーザーライセンスの場合は サーバーの情報なども入力して アクティベーションを完了します。 なお従来はシングルユーザーライセンス つまりスタンドアロンライセンスから マルチユーザーライセンス つまりネットワークライセンスへの変更 もしくはその逆の変更を行う場合、 一度ソフトウェアをアンインストールする 必要がありましたが 2017 では情報センターにある ライセンス管理ボタンを使用して アンインストールすることなく ライセンスの切り替えを 行うことができるようになりました。 またソフトウェアライセンス および インストールされたプラグイン、 アドオン、拡張に関する情報の 表示を行うこともできます。 このレッスンでは、新しくなった ライセンス管理について説明しました。

AutoCAD LT 2017の新機能

AutoCADおよびAutoCAD LTは世界でもっとも使われているCADです。このコースではAutoCAD LT 2017で搭載された新機能や強化された機能を紹介することはもちろん、従来の機能と比較して良くなった点、便利になった点などについても丁寧に解説します。AutoCAD LTの新しい機能を理解するために、ぜひこのコースをお役立てください。

45分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。