AutoCAD LT 2017の新機能

ハッチングのための画層機能の改善

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ハッチングのための画層機能の強化について説明します。
講師:
02:52

字幕

このレッスンでは ハッチングのための 画層機能の強化について説明します。 では新しい図面を作成して 説明していきます。 HPLAYER(HP レイヤー)という システム変数は、 新しく作成されるハッチングと塗り潰しの 既定の画層を指定できるものです。 このシステム変数が機能強化され 作成されていない画層名を指定して それを新しいハッチングおよび塗り潰しの 既定画層として 設定することができるようになりました。 つまりこの変数を使用すれば ハッチングの作成と同時に 画層を作成するといったことが 可能になったということです。 では画層の設定を確認してみます。 新規のまっさらな図面ですので 画層は現在 0 画層しかありません。 念のため画層プロパティ管理の 中でも見てみますが、 今は 0 画層のみが表示されています。 では HPLAYER という 変数を実行します。 ハッチングの新しい画層の名前を では hatching とします。 この時点ではまだ画層は追加されていません。 リストの方には表示がありません。 もちろんパレットの方にも 表示がありません。 では一つ閉じた領域を作成して ここにハッチングを追加します。 画層を確認してみましょう。 hatching が出来上がっています。 こちらの画層プロパティのリストにも hatching が追加されています。 オブジェクトプロパティを確認してみましょう。 ハッチングが「画層 hatching」に 入っているのが確認できます。 後は例えば色を変えてみたりとか ハッチングの画層に様々な設定を 追加していけばいいだけです。 ハッチングはどの図面でも必ず使うとは 限らないオブジェクトです。 従ってテンプレートには ハッチング用の画層は特に用意しておかないで ハッチングを描く必要が出てきた時にだけ 画層を作ればよく、 そのような時に 非常に便利な機能となります。 このレッスンでは、ハッチングのための 画層機能の強化について説明しました。

AutoCAD LT 2017の新機能

AutoCADおよびAutoCAD LTは世界でもっとも使われているCADです。このコースではAutoCAD LT 2017で搭載された新機能や強化された機能を紹介することはもちろん、従来の機能と比較して良くなった点、便利になった点などについても丁寧に解説します。AutoCAD LTの新しい機能を理解するために、ぜひこのコースをお役立てください。

45分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。