AutoCAD LT 2017の新機能

新しい中心マークおよび中心線作図機能

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しく搭載された中心線および中心マーク作成機能について説明します。
講師:
07:31

字幕

このレッスンでは、新しく搭載された 中心線および中心マークの 作成機能について説明します。 では Centerline というファイルを 使用して説明します。 AutoCAD LT 2017 には 中心線と中心マークを 作成および編集するための 新しいツールが導入されました。 「注釈」リボンタブに 「中心線」パネルが追加されました。 そしてその中に「中心マーク」 「中心線」という二つのツールが 追加されています。 「中心マーク」ツールは 選択した円、円弧、 またはポリゴン状の円弧の中心に 関連付けられた中心マークを作成します。 「中心線」ツールは 選択した二つの線分および 2本のポリラインに関連付けられた 指定した線種の 中心線ジオメトリを作成します。 ではこれら図形に対して 中心マークと中心線を作成してみます。 ではまず左側の円に対して 中心マークを作成します。 直線に対しては中心線を作成します。 平行線ではなくても、 二つの線分の間に中心線が作成されます。 これら中心線や中心マークは 専用の画層を作成して 適用しておくと良いでしょう。 この図面には予め centerline という 画層が設定してあります。 centerline は線種が一点鎖線、 色が赤で設定されているので このように中心線の表現に 変えることができました。 中心線および中心マークは 作成したときに参照したオブジェクトと 関連付いていますので 円の大きさや線分の長さを変えると 追従します。 中心マークの中心や 中心線の中点のグリップを クリックして移動すると オブジェクトの位置を変更できますが、 元の図形との関連性が 失われてしまいます。 このように位置をずらしてしまいますと これ以降円の位置を変えても追従しません。 これを元の状態に戻したい場合は ステータスバーの「注釈モニター」 こちらをオンにします。 そうすると自動調整が失われた オブジェクトの側に アイコンが表示されます。 このアイコンをクリックすると 「寸法自動調整再割り当て」を 実行することができます。 選択をしてこちらの円をクリックします。 元の状態に戻すことができました。 中心マークは選択すると 関連する円や円弧との交点4か所に 四半円点と各中心線の端点に グリップが表示されます。 このグリップを使って 長さを調整することもできます。 個別に動かした長さを元に戻すには 右クリックのオプションメニューで 「寸法補助線の長さをリセット」を 選択すると元の長さに戻ります。 4方向とも同じ長さにはみ出す長さを 設定したい場合は 中心マークの中心のグリップに カーソルを合わせます。 ダイナミックメニューから 「寸法補助線の長さを変更」という メニューが出て来ます。 これをクリックすることで 4方向同じ長さに調整することができます。 では長さを寸法値で 調整することもできますので ここは 20 と記入します。 中心マークや中心線の現在の状態は オブジェクトプロパティで 確認することができます。 「十字のサイズ」「十字のギャップ」 これらは 中心マークでの 中心での交差する直線と その隣のギャップの 長さの定義です。 後ろに付いている x これは係数であることを示します。 直径の長さに対して 一点鎖線のピッチとギャップ つまり隙間のサイズを自動計算します。 中心線の場合は、 はみ出し長さの定義として 「始点側延長」「終点側延長」 これらの長さを指定できます。 このような中心線や中心マークの サイズを始めとした外観の制御は システム変数で行えます。 ではこちらでシステム変数について 説明していきます。 中心線や中心マークには 多くのシステム変数が用意されています。 まず「ギャップ」 CENTERCROSSGAP、これは 中心マークと中央の十字と 寸法補助線との間の 寸法補助線のギャップを決定します。 「サイズ」 中心マークの中央の十字の長さの サイズを決定します。 「延長長さ」 中心線と中心マークの寸法補助線の 延長の長さをコントロールします。 つまりこれは、はみ出し長さのことです。 「線種」 中心線と中心マークで使用される 線種を指定します。 「線種尺度」 これは中心線の尺度を設定するものですが 中心マークや中心線は 異尺度対応ではありません。 図面の尺度に応じてこれらの設定を 調整する必要が出てくる場合があります。 そのためにこのような変数が 用意されています。 「作図画層」 これは予め中心線や中心マークの 画層を指定しておくと 都度現在の画層を 選択しなくて済むので便利です。 このレッスンでは、新しく搭載された 中心線および中心マークの 作成機能について説明しました。

AutoCAD LT 2017の新機能

AutoCADおよびAutoCAD LTは世界でもっとも使われているCADです。このコースではAutoCAD LT 2017で搭載された新機能や強化された機能を紹介することはもちろん、従来の機能と比較して良くなった点、便利になった点などについても丁寧に解説します。AutoCAD LTの新しい機能を理解するために、ぜひこのコースをお役立てください。

45分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。