AutoCAD LT 2017の新機能

クラウドによる情報共有機能強化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、A360 クラウドサービスによるプレビュー機能を説明します。オートデスクのクラウドサービスを使用して、設計データを安全かつスムーズに共有できます。
講師:
06:05

字幕

このレッスンでは A360 クラウドサービス によるプレビュー機能を説明します。 オートデスクのクラウドサービスを 利用して設計データを 安全かつスムーズに共有できます。 では Design_Share という ファイルを開いて 実際に操作を行ってみましょう。 Auto CAD LT 2017 では デザインビューコマンドが追加され Auto CAD LT 上の図面を 直接ウェブへビューイング用のデータとして パブリッシュすることが できるようになりました。 A360 タブ 共有パネルの 「デザインビューを共有」 もしくはアプリケーションメニューの 「パブリッシュ」>「デザインビュー」 どちらかからコマンドを実行します。 Autodesk アカウントへのサインインを 促す画面が表示されます。 A360 クラウドサービスを利用するには Autodesk アカウントが必要です。 もしアカウントをお持ちでない場合は この画面からサインアップということで ユーザー登録を行うこともできます。 ではサインインを行います。 Auto CAD LT の情報センター内で サインインをしている状態かを 確認することができます。 サインインが完了すると、「デザイン 共有ダイアログ」が表示されます。 なお Auto CAD LT を起動したときに 既にサインインした状態であった場合は このプロセスはありません。すぐに この画面が表示されます。 デザイン共有ダイアログでは今すぐに ブラウザにパブリッシュして 表示するか、すべての 表示処理が完了した時に ステータスバーから 通知を受けるようにするかを 選択することができます。 いずれの場合にでも 現在の図面はクラウド上の 安全な場所にアップロードされて 指定した相手と共有できるようになります。 「パブリッシュし、ただちにブラウザで表示」 こちらのオプションを選択した場合は 処理のために図面ファイルは クラウド上のストレージの 場所にアップロードされて ブラウザが起動します。 ではすぐにブラウザで 表示をしてみましょう。 こちらをクリックします。 まもなくブラウザにビューワーが 表示されます、という表示の後 ブラウザが起動して、 アップロードが開始されます。 ここで使用されているクラウドサービスは Autodesk が開発及び提供している 「A360 Viewer」です。ファイルの 表示準備の状態は A360 Viewer でステータスを 確認することができます。 処理が完了する時間は図面のサイズや 複雑さ・インターネットの速度 及び処理待ちのバックログに 応じて異なる場合があります。 処理が完了すると、ご覧のように デザインビューが ブラウザのビューワー内に 表示されます。 この時に対応しているブラウザは Chrome・Firefox その他 WebGL を サポートしているブラウザです。 ブラウザに表示された ビューイングデータは 元のファイル内のモデル空間と 全てのレイアウトが表示されます。 この Viewer 上でも オブジェクトの計測が行えます。 計測結果が表示されます。 また画像を表示することもできます。 そして表示のオンオフを 行ったりすることも可能です。 そしてビューが正しく 表示できるのを確認できたら 電子メールなどを利用してこの設計図を 共有したい相手に リンクを送ることで、ほかの人と 情報共有が可能になります。 こちらの画面上でも改めて サインインを行います。 サインインを行った後、 改めて「Get Link」をクリックすると リンク URL が表示されるので この URL をコピーして 共有したい相手に送ります。 リンクを受け取ってクリックした ユーザーはログインをする必要はなく 最長30日間ブラウザ内でデザインビューを 表示することができます。 またライブレビュー機能を使用すると 招待した相手とリアルタイムに 同じデータを見ながら、デザインレビューを することもできます。 またこれらのデザインのビューイングは タブレットやスマートフォン上でも 可能ですので、出先での閲覧も スムーズに行えます。 この新機能により従来よりも簡単に 設計データを関係者と共有して 意見交換を行ったりすることが 可能になったため 意思決定を より速く行えるようになります。 このレッスンでは A360 クラウドサービスによる プレビュー機能を説明しました。

AutoCAD LT 2017の新機能

AutoCADおよびAutoCAD LTは世界でもっとも使われているCADです。このコースではAutoCAD LT 2017で搭載された新機能や強化された機能を紹介することはもちろん、従来の機能と比較して良くなった点、便利になった点などについても丁寧に解説します。AutoCAD LTの新しい機能を理解するために、ぜひこのコースをお役立てください。

45分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。