Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

After Effectsでの適用方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
After Effects上でエフェクトとしてLumetriを適用した際の挙動や、Premiere ProとのDynamic Link時にLumetriが引き継がれる機能について解説します。
講師:
03:19

字幕

このレッスンではAfter Effects でLumetri を適用する手順について解説します。今画面の方にはAfter Effects が立ち上がっていてコンポジションの中にレイヤーとしてムービーが置かれています。After Effects の方でも、こちらにLumetri を適用することができるんですがPremiere Pro の場合には専用の Lumetri カラーパネルそれが用意されてますがAfter Effects には、そうしたLumetri 用のインターフェースは用意されていません。After Effects で Lumetri を使う時には通常のエフェクトの適用として「エフェクト」の中の「ユーティリティ」の中に「Lumetri Color」があるのでこれを適用します。注意が必要なのはPremiere Pro ではエフェクトとしては「カラー補正」に入っているのでこちらを探してしまいがちなんですがAfter Effects では「ユーティリティ」の方に「Lumetri Color」が入っています。この点、まず注意して下さい。適用してあげると専用のインターフェースはないんですが項目としては Prmeiere Pro のLumetri と全く一緒です。 それぞれの項目を調整することで色のコントロールが行えます。また、Premiere Pro と After Effects は互いにダイナミックリンクという機能で連携して使うこともできますがそこでも Lumetri を使うことができます。では一度 Premiere Pro に切り替えます。Premiere Pro の上でLumetri を使用してカラー補正したムービーがあったとします。それを After Effects で更に作業したい場合After Effects にクリップを送る時には右クリックして「After Effects コンポジションに置き換え」とやると、After Effects の方に素材が送られてこの様に配置された状態となります。その時に、こちらですねPremiere Pro からダイナミックリンクでとばしてきた素材ですがPremiere Pro の方と同じ色になってます。これは After Effects で来た段階でも同じようにエフェクトとしてLumetri Color が付いてきてるからなんですね。なので、Premiere Pro で適用したもの、設定をそのまま引き継いで更に After Effects の方で処理が行えると大変便利な連携が行えるようになってます。 この様に基本的に、所謂カラーコレクションの作業を行うのであればPremiere Pro の方で作業した方がインターフェースもあるので作業しやすい環境となっていますがこうした After Effects との連携もそのまま、全く同じ Lumetri Color の項目を使うことが出来ます。勿論 After Effects だけで作業を行う方がカラー調整のツールとしてLumetri Color を使うことも可能です。Premiere Pro と After Effects の扱われ方の違いですね。ここをしっかりと覚えておいて下さい。

Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

Premiere ProとAfter Effectsに搭載されているLumetriは、手軽かつ細かな設定が可能な色調整のためのカラーグレーディングツールです。このコースではLumetriの適用手順やPremiereとAfter Effectsの連携、Look Up Tableの活用法や各パラメータの調整方法、またスコープの見方などについて学びます。

1時間57分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。