Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

素材のポイント

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lumetriを使ったカラーコレクションを行う際、なるべくノイズの発生をおさえて高画質に仕上げるための素材のコツを解説します。
講師:
04:39

字幕

このレッスンではLumetri で扱うのに向いているビデオの素材について解説します。Lumetri で処理した結果をなるべくハイクオリティにする場合には元のファイルこれが大事になってきます。では、デモのこのプロジェクトでちょっと検証してみましょう。このレッスンのプロジェクトの中には2つのクリップが置いてあります。まず、前半が Lumetri _01.mov というQuickTime の方ですね。後半の方が、compress.mp4 というmpeg 法の H264 のファイルとなっています。これを単純に再生するとまずこっちの QuickTimeファイルの方ですねこれはこんな感じ。そして、 H264 のファイルがこんな感じです。正直このレベルだとあまり違いが分かりません。なので、最終的に見る素材としてはこちらの後半の compressでも問題ないんですがこれはもともとどんなファイルかというとLumetri_01.movこれが QuickTime の中でも圧縮形式コーデックが Apple のフルレゾ 422 HQ という業務用なんかでも使われる非常に多くの情報量を持っている形式になっています。 元のカメラで撮影したデータがかなりそのまま忠実に残っている状態になります。対して compresss.mp4 は一般的な拡張子、 MP4 の H264 がインターネットなんかでも簡単に見れるようにかなりファイル容量を押さえてあります。ファイル容量を比較するとこっちの QuickTime の方は 517 MB 。かなり大きいですね。対して MP4 はたった12 MB と。全く違います。数十倍の違いがあります。だけど普通に再生する分にはあまり関係ない。ということで、素材も軽くしてインターネット上で送ってしまうという事があるかもしれません。例えば、全く調整しないんであればそのまま使えないことも無いんですがLumetri を使う上ではこうした圧縮したファイルはかなり適さない状態となっています。では、それを証明するために、これですね。まず、最初の Lumetri_01 ですね。これをちょっと調整してみましょう。では、この「露光量」というのを上げて「コントラスト」を上げます。そして、この「彩度」というのも上げてみます。こんな感じにしてちょっと極端な形にしてみました。そして、これを表示を 100% にします。 そしたら、このこちらで設定したものをエフェクトコントロールに現れているのでLumetri カラーをこれをCommand もしくは Ctrl+C でコピーして、こちらのクリップに転送します。さあ、これで全く同じ処理が両方に適用されました。では、全く同じフレームでかかり方を比べてみましょう。まず、QuickTime のファイルの方はこんな見え方そして、圧縮したファイルはこんな見え方です。こうしてみるとこのレッスンのビデオだと分かりづらいかもしれませんが原寸で見ていくと、こちらがQuickTime のファイルの方は細部もある程度ちゃんと残っているのに対して圧縮したファイルは細部がつぶれたうえにかなりブロックが出てしまっています。これが Limetri がかかっていない状態であればそんなにノイズは目立たないいんですがLumetri がオンになっていると調整した結果非常にノイズが目立つ状態になっています。このように圧縮された映像というのは見たまんまだとわりときれいに見えるんですが奥深い所、見えにくい情報というのはかなり削られています。なので、色調整、明るさ調整を行うと一気にノイズが出てくるとそのような結果になってしまいます。 なので、Lumetri を適用してカラー調整を行う際はなるべくカメラで撮影したものを一番マスター、もしくはそこから情報量が引かれていない形式のファイルそういった物を使うようにしてください。

Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

Premiere ProとAfter Effectsに搭載されているLumetriは、手軽かつ細かな設定が可能な色調整のためのカラーグレーディングツールです。このコースではLumetriの適用手順やPremiereとAfter Effectsの連携、Look Up Tableの活用法や各パラメータの調整方法、またスコープの見方などについて学びます。

1時間57分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。