Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

ホワイトバランスの調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
映像全体の色温度をシフトさせたり、緑、マゼンタの色かぶりを調整するなどして、ホワイトバランスの調整を行います。
講師:
07:14

字幕

このレッスンではホワイトバランスの調整について解説します。映像の色調整の中でも最も重要なものの一つがホワイトバランスの調整となります。ホワイトバランスとは画像の中の白い部分がきちんと白く表現されるために調整する、という項目の事を指します。その中で詳細を見てみるとlumetri カラーの中の「基本補正」、この中の「ホワイトバランス」。この中を見ると「色温度」と「色かぶり」の補正という二つの項目があります。まず色温度ですが、画像はその光の種類、元々のその場面の光の種類に応じて適切な色温度というものを合わせてやる必要があります。例えばこの lumetri_02 のシーケンスを開けてみると非常に天気の良い自然の風景ですがこうした晴天時の太陽光、それと、lumetri_05 を開けてみると、今度は同じ太陽光でもちょっと曇り気味になっていますが晴れと曇りでは色温度が違ってきます。また lumetri_04 を開けると、これは夜景で全部人口の光ですが、これもまた違います。しかも人口の光は蛍光灯であったり白熱灯であったりまたそれぞれ照明の種類によって全部色温度が違ってくるのでそれぞれの光源の種類に合わせた色温度の設定が必要になります。 基本的には映像の撮影時にオートであったり手動で例えば晴天時の色温度だとか曇りの時の色温度だとか、ある程度適切になるように合わせてあります。ただこれが何かの都合でずれてしまうと例え同じカメラで撮ったものでも、妙に画面が赤っぽくなったり、逆に青っぽくなったりと、そのようなズレが生じてしまうので、それを直してやるのがこのホワイトバランスの項目です。lumetri_02 のシーケンスを開けてこの場面を例にしてホワイトバランスを調整してみましょう。まず色温度ですがこれを動かしてみると非常に分かりやすいです。このスライダーの両端が青とオレンジになっていますけどスライダーを右に持っていくほどどんどん画面が黄色っぽくなっていきます。そして左に持っていくほどどんどん青っぽくなっていきます。このようにスライダーに出ている色にどんどん傾いてくという形になっています。この色温度の項目ですが一般的にこのオレンジっぽい色に近づくほど「色温度が低い」と表現されます。スライダーは逆ですね。右のほうにいっていますが言葉としてはこの状態は色温度が低い状態となります。逆に青の方に近づくとこれは「色温度が高い」という状態となります。 それでは例えば、これが0だと元の映像そのままですが、この場面だと若干色温度を高いほうの青にもっていくとこんな感じになります。エフェクトコントロールの中でオンオフしてみるとだいぶ違いますね。これが使用前です。これが使用後です。もともとの場面も色温度が狂っているわけではないですが適応したことでより青さを強調してスッキリした画面にすることができました。これを逆にオレンジの方に振ってやれば夕暮れ時のような感じになります。このように意図的に設定することもできます。このように色温度を設定するのですがそれを補足する項目として使えるのが、その下にある「色かぶり補正」ですね。これを見ていただくと、右に行くほどマゼンタっぽい色が強くなります。そして反対の左に行くほど緑が強くなります。このように変化します。一般的な傾向として色温度の方でこの色温度の高い青っぽい方に傾いていたときは逆に色かぶり補正を若干マゼンタ方面に振ってやるとバランスが良くなるようです。実際にやってみるとこの青っぽくなっている画面、ここで色かぶり補正を逆に緑の方に振ってみるとちょっと不自然に緑が強調されすぎる状態になります。そこでこれを若干マゼンタの方に振ってやると全体的にバランスのいい画面になりやすくなります。 ではもう少し分かりやすいようにlumetri_01 のシーケンス、ここでも調整してみましょう。これは錦鯉で、白い部分が多いので余計に分かりやすいですね。例えば色温度を高い方に振ってみます。そうするとより白がスッキリ出ていますけど画面全体から硬い印象を受けます。そこで色かぶり補正ですね。これをほんの少しマゼンタ側に振ってやるとよりバランスが良くなってきます。逆にオレンジっぽい方に持ってきた時にはマゼンタのほうに振ってあると全体が赤っぽくなりすぎてしまうのでほんの少しだけ緑の方に振ってやると全体のバランスが見やすくなります。色温度は全体のカラーの印象を決める最も基本的な項目になるのでlumetri の項目の中でもLUT を充てる次に上の方にあることからも分かるように作業の一番最初の段階で調整しておくとよいでしょう。まず一番基本となるホワイトバランスの設定の項目ですね。これの設定方法をしっかり覚えておいてください。

Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

Premiere ProとAfter Effectsに搭載されているLumetriは、手軽かつ細かな設定が可能な色調整のためのカラーグレーディングツールです。このコースではLumetriの適用手順やPremiereとAfter Effectsの連携、Look Up Tableの活用法や各パラメータの調整方法、またスコープの見方などについて学びます。

1時間57分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。