Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

明所、暗所個別の調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「シャドウ」と「ハイライト」、「黒レベル」と「白レベル」といった、明所、暗所を分けての調整について、機能や使い分けを解説します。
講師:
06:52

字幕

このレッスンではハイライトとシャドウ及び白レべル、黒レべルについて解説します。「トーン」の項目の中でも「露光量」と「コントラスト」は全体を通じて、この様に明るさが変化する項目です。対して、「ハイライト」と「シャドウ」及び「白レベル」「黒レベル」はちょっと違った効き方をしてきます。では、まずこの Lumetri_01 のシーケンスで「ハイライト」を動かしてみるとわかるでしょうか。錦鯉の、特に白い部分中心に明るさは変わってると思うんですが池の部分見て頂くと暗い所はほとんど変わってないですね。この様にハイライトは明るい部分だけこの様に明るさが変化する。そのような項目になっています。同じく「シャドウ」は今度は池の部分だけが動いていますね。そして、この白い部分はほとんど変化してないですね。シャドウは暗い部分だけを調整することができる項目です。ではこれを踏まえた上で「白レベル」「黒レベル」これを操作してみるとどうなるかというと「白レベル」を動かすとこれも同じように明るい部分だけが変化してますね。そして、「黒レベル」を動かすと、やはり暗い部分だけが動いています。では、「ハイライト」と「シャドウ」これと「白レベル」「黒レベル」この2つどう違うんだと実はこれ結構わかりづらいですけどそれが良くわかるようにこのグレーのシーケンスのグラデーションのバーですね、これを使って試してみましょう。 これは、この真ん中のグレーが丁度 50% のグレーとなっていて右が真っ白ですね。左が真っ黒と、その状態になってます。ではまず「ハイライト」を動かしてみると50% より明るい方が、より大きく明るさが動いている状態になっています。さっき実写で見た印象そのままですね。「シャドウ」は逆に50% より下の所ですね。それが中心に動いているといった状態になっています。では「白レベル」動かして見るとこんな形でよりこっちの明るい部分の動きが大きく、しかも極端になってます。「ハイライト」の場合にはこの真ん中のグレーもこれぐらい動いていましたが「白レベル」の場合にはより、こちらの明るい方に更に傾いた領域が大きく動いています。「シャドウ」と「黒レベル」も一緒で「シャドウ」がこんな感じで暗い部分全体が動くのに対して「黒レベル」はよりこっちの真っ黒に近い部分がより極端に動いているとこの様な違いとなっています。そしてこの様な項目が2つあることでこれら補いあって調整することが可能となっています。ではそれを Lumetri_03 のシーケンスを使ってやってみましょう。これ、明らかに明るさが足りていない映像ですね。特に、この手前の狛犬なんですけどこれがもう真っ黒になってしまってます。 では、これですね。例えば「コントラスト」をちょっと変えてやったとしてもそんなに変わらないですね。若干は見えてきました。では「露光量」を上げるとどうなるかという所なんですけど後ろが煙があるのであまり露光量を上げすぎると今度は、もうベタッと湯気がとんでしまいます。なので、あまり露光量を上げすぎることはできません。そんな時、「シャドウ」「ハイライト」これらを補足で使っていくとかなりうまくいきます。まず、「露光量」を足したけど今度は湯気が明るくなりすぎてとんでしまうとそんな時には「ハイライト」ちょっと下げるとこの湯気にグラデーションが戻ってきましたね。こんな感じで明るすぎてしまう部分を抑えることができます。そしてこの暗くなった部分これは「シャドウ」を持ち上げてやるとこの様によく見えてきます。で、明るさの調整自体はここまででもいいですがこのシャドウをあまり持ち上げてやると今度はコントラストがちょっとシャープさの面で弱くなってきます。明るくはなったんですけどどこかちょっと柔らかすぎる画面の印象となってしまいます。これなんか石でできてるのでもう少しかっちりした感じ出したいですね。そんな時は今度は「シャドウ」は持ち上げたんですけど「黒レベル」を若干下げてやります。 そうするとより暗い所は暗くなるので引き締まった感じですね。「シャドウ」を上げて暗い方全体を明るくしたうえで「黒レベル」を下げてやるとより暗い所が若干落ち込むのでこうしたコントラストも向上するとこの様に互いに補い合って使うと1つだけ使った時よりもより最適な画面を得ることが出来ます。ただ並べて使ってしまうと違いがわかりづらい「ハイライト」「シャドウ」と「白レベル」「黒レベル」ですがこの様に特徴をある程度理解していればうまい具合に補い合って最適な映像を作ることができます。これらは特にバランスの崩れたこうした映像の調整には不可欠のものですので是非とも覚えておいて下さい。

Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

Premiere ProとAfter Effectsに搭載されているLumetriは、手軽かつ細かな設定が可能な色調整のためのカラーグレーディングツールです。このコースではLumetriの適用手順やPremiereとAfter Effectsの連携、Look Up Tableの活用法や各パラメータの調整方法、またスコープの見方などについて学びます。

1時間57分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。