Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

彩度の設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の鮮やかさを調整する彩度について「彩度」と「自然な彩度」の違いを交えながら解説します。
講師:
05:31

字幕

このレッスンでは彩度の調整について解説します。では、「クリエイティブ」の項目の中、この部分を見てみると「自然な彩度」そして「彩度」と2つの彩度という項目があります。まずこの「彩度」の方なんですけどこれは操作してみると、右に行くとより色が鮮やかな感じになります。そして、マイナスの方に行くとどんどん色が淡くなっていって0になると、完全なモノトーン白黒になってしまいます。この様に彩度は色の鮮やかさそれを調整して完全になくすとモノトーンにもできるその様な項目になっています。では「彩度」と「自然な彩度」これどう違うかというと「彩度」の方は、思いっきり上げると鮮やかにはなるんですがちょっとべトッとした人工的な質感になりやすくなっています。対して「自然な彩度」の方はかなり思い切って上げても鮮やかにはなるんですけど見て頂くと今「自然な彩度」思いっきり上げたんですが特に空のブルーが気持ちよく強調されてますけどこの草の緑などはかなり自然な感じが保たれてますね。これが「彩度」をグイッと上げてしまうとブルーも鮮やかになったのですがちょっとこの枯れ草の部分なんかが黄色味が強調されすぎてしまって不自然な印象となります。 「自然な彩度」は、より人間の感覚として不自然に感じないように全体が一律で彩度が上がるのではなく鮮やかになってほしいとなってくれると人間が心地よく感じる部分だけが上がってくれるのでこの様な、所謂鮮やかさが欲しいという用途の場合には「自然な彩度」で調整するのがお薦めです。でですね、この「自然な彩度」「彩度」ですね。この「クリエイティブ」の項目にもあるんですが実はこの「彩度」は「基本補正」の方にも入っています。つまり2個同じものが入っているわけなんですね。この使い分けなんですが例えば「基本補正」の「トーン」の所で「コントラスト」をちょっと下げたりして「露光量」を増やしたりとこんな調整を行うと色がくすんだ感じになってしまいます。こうなった時に「彩度」ですね、これをちょっと上げてやると失われた鮮やかさがちょっと戻ってきます。こういう使い方をすることによって明るさも調整して色の鮮やかさも保つとこうしたことができます。「基本補正」でこうした全体のバランスを整うようにやった上で「クリエイティブ」の方で更に「彩度」「自然な彩度」それを動かすことによって例えば「彩度」を微妙に下げて「自然な彩度」を強調するとこんなやり方もあるわけですね。 このバランスによってそれぞれできてくる色合いが違うのでこちらは突っ込んだ画面作り用の項目として使うことができます。特にこの「彩度」の調整する時は値を上げすぎると不自然になるだけではなく100% の表示なんかにした時に細部に不自然な色のノイズが出てしまうこともあります。特に圧縮度の高いビデオ素材例えば結構、長時間録れるようなモードで撮影した AVCHD の素材なんかは彩度を上げすぎると最悪ブロック状のノイズが特に暗い部分なんかに出てしまいやすくなるので上げすぎは禁物と思ってください。あと、この「彩度」も一般的な普通のテレビですね、そこで見るとパソコンのモニターで見た時よりもちょっときつめに出る傾向があります。なので、パソコンの画面でかなり色鮮やかに見えてしまうとテレビなんかで見た時にちょっときつすぎるかもしれません。そこらへん、もし調整具合がなかなかわからないという時にはこの設定を、彩度の設定何個か変えたものを出力してあげてそれを何台かのテレビなんかで見てあげるとどういう感じで傾向が違ってくるかわかりやすくなってくるのでお薦めです。その上で、「彩度」「自然な彩度」これを使うことでより色の印象を強力にすることができるので是非とも使いこなして下さい。

Premiere Pro Lumetri カラー調整ワークショップ

Premiere ProとAfter Effectsに搭載されているLumetriは、手軽かつ細かな設定が可能な色調整のためのカラーグレーディングツールです。このコースではLumetriの適用手順やPremiereとAfter Effectsの連携、Look Up Tableの活用法や各パラメータの調整方法、またスコープの見方などについて学びます。

1時間57分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。