LinkedInで会社ページを活用しよう

会社ページとは

無料レッスンを視聴する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは会社ページの概要と特徴を知りましょう。
講師:
03:09

字幕

このレッスンでは LinkedIn の会社ページというものについてお話しさせて頂きます。LinkedIn には普段活用している個人アカウントとは別に会社ページという企業が運用できるアカウントが別に存在します。イメージで言うとこの LinkedIn の中にインターネット上の自社の支店を出すというイメージで頂けたらいいんじゃないかと思います。Facebook の場合ならFacebook ページTwitter の場合は特に...特別に企業が使うアカウントというのはないですけど企業が他のユーザーと一緒にアカウントを使うという形で運用されていると思います。LinkedIn の場合は会社ページを使うという風に覚えておいて下さい。ここでできることなんですけどこれが会社ページの1つ例なんですがずっと下に行くとこういうプロフィール表示欄があります。ここでは自社のサービスの内容であるとか商品の内容をしっかり伝えることが出来るという形になっています。更に下の方にずっと下がるとこの「会社アップデート」というのが今選択されてるんですが要は個人アカウントと同様に投稿ができるというものです。LinkedIn ではこの1つ1つの投稿のことをアップデートという風に呼んでいるんですが日々の新しい商品がでましたサービスがでましたこんな活動をしていますという所をこのアップデートという機能を使って日々していくという形になります。 個人アカウントとの明らかな違いというのがスポンサードコンテンツと呼ばれる広告が展開できるということと求人広告を掲載できるというこの大きな2つの違いがあります。この広告なんですけど画面切り替えます。「スポンサードコンテンツ」というのがありましてなかなか個人のアカウントでLinkedIn を運用していても届けたいユーザーに情報が届かなかったりなかなか反応がとれなかったりということがあるんですけどこの会社ページを使うと広告を使って多くの人に見てもらえるという所が可能になります。あと求人広告ですね。画面切り替えます。求人広告を出せるということなんですけど他のメディアと違ってプロフェッショナルが集うLinkedIn だからこその人材の募集が可能になるのではないかという風に私は考えてます。この会社ぺージなんですけど会社ページという名前なんですが個人事業でも開設することができます。より有効にビジネスに LinkedIn を活用したいとお考えの方これは法人、個人問わず是非ともこの会社ページという機能を使って自身の、自社の情報を多くの人に届けるという活動を通してビジネスに役立てて頂ければな、と思います。このレッスンでは LinkedIn の会社ページについて概要をお伝えさせて頂きました。

LinkedInで会社ページを活用しよう

LinkedInには「会社ページ」という企業のみが利用できるサービスがあります。会社ページを運用することによって自社の商品やサービスについての発信のほか、社会貢献活動の報告やユーザーとのやりとり、広告や求人も行うことができます。このコースでは会社ページの作り方から投稿の手順、求人広告の出稿、アクセス解分析などの基本的な操作について解説します。

47分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
無料コース
発売日:2016年05月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。