AutoCAD LT 2017 基本講座

AutoCAD LT のユーザ インタフェース (画面下部)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、画面下部にあるステータスバーやコマンドラインの使い方を習得して作図作業に欠かせない補助機能などを習得します。
講師:
03:44

字幕

このレッスンではステータスバーや コマンドラインの使い方を習得して、 作図作業に欠かせない補助機能の コントロール方法などを習得します。 AutoCAD LT の画面の中で 一番大きな領域を確保しているのが 作図領域です。 画面の左下、これは UCS アイコンと言います。 X、Y、各方向の座標を示しています。 マウスを動かすと、 カーソルが移動します。 AutoCAD のカーソルは 2種類あります。 今見えている十字の形をした クロスヘアー、 その中心に見えている 小さい四角い箱のキックボックスです。 何も無い初期状態ではクロスヘアーと キックボックスの両方が 表示されています。 作図領域の下側、文字列が 表示されている領域があります。 コマンドラインと言います。 ここには AutoCAD LT からの メッセージが表示されます。 例えば今は何もしていない状態なので、 ここに「コマンドを入力」と 表示されています。 実行する作図機能のことを 「コマンド」といいます。 つまり今 AutoCAD LT は コマンドが実行されるのを 待っている状態だということです。 このように AutoCAD LT が 今どういう状況なのかが 常に表示されますので、 常にコマンドラインを確認しながら 作業を進めることがとても重要です。 このコマンドラインは通常、 御覧のように一行しか 表示されていませんが、 遡って確認をすることもできます。 その場合は ファンクションキーの 二番、F2 キーを押します。 コマンドラインが拡張表示されて、 過去の履歴を 確認することが可能になります。 もう一度 F2 キーを押すと 拡張表示を消すことができます。 この作図領域の左下の方を 御覧ください。 モデル・レイアウト1・レイアウト2 というタブが並んでいます。 このタブを使用してモデル空間と レイアウト空間の 表示を切り替えることができます。 では今度は右下のほうに移動します。 右下にあるのはステータスバーと 呼ばれるツール群です。 AutoCAD LT には作図を 補助するためのツールとして グリッドの設定や極トラッキング といったものがあります。 それらの機能のオンやオフを 素早く行うためのツールバーです。 各機能がオンのアイコンが 青く表示されています。 これらツールのアイコンを 右クリックすると ショートカットメニューから 設定を行うことも可能です。 このレッスンでは AutoCAD LT の 画面下部にある ユーザーインターフェースについて ご紹介しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。