AutoCAD LT 2017 基本講座

画面操作の方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CAD図面を扱う上で画面の拡大・縮小など画面操作は必須です。このレッスンではズーム、画面移動といった画面操作を学びます。
講師:
02:59

字幕

このレッスンではズーム、 画面移動といった 画面の操作を学びます。 AutoCAD LT は 作図を実寸で行いますが モデル空間は無限の平面です。 したがってどんなに大きなものでも 実寸で作図をすることが可能です。 ただしパソコンの画面の 広さは有限ですので 画面を拡大、縮小したり 移動したりする必要があります。 ここでは ZoomPan という ファイルを開いて説明します。 まずマウスのホイールボタンを 使う方法をご紹介します。 これが一番簡単な方法です。 まず拡大縮小です。マウスのホイールを 手前に引くように回すと、 縮小表示されます。 奥に向かって回すと拡大表示されます。 この際カーソルがある位置が拡大や 縮小の中心にきます。 次に画面移動です。 ホイールボタンを押しながら マウスを動かすと、 画面の移動ができます。 これはあくまで表示をさせる場所を 移動しているだけですので、 オブジェクトを移動 させているわけではありません。 そしてホイールボタンを ダブルクリックすると、 描かれている全ての オブジェクトが画面に収まるように ズームが行われます。 次にナビーゲションバーを使う方法です。 作図領域の右側には ナビゲーションバーがあります。 画面の移動やズームは ここに並んでいるツールを 使用することも可能です。 特にズームに関しては 様々な種類のズームの仕方が フライアウトに表示されます。 この中で覚えておくと 便利なものとしては、 窓ズームがあります。 対角線で囲んだ領域のみを 拡大表示するというものです。 作図の操作において 画面の拡大縮小や、 移動をうまく使いこなすことで 作業効率を大幅に 向上させることができます。 これらは頻繁に 使用することになりますので ぜひ覚えておきましょう。 このレッスンではマウスを使った 画面操作について 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。