AutoCAD LT 2017 基本講座

作図補助設定を使用する 優先オブジェクトスナップ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、図形上の点を正確に、その都度指示することができる機能、優先オブジェクトスナップについて説明します。
講師:
04:22

字幕

このレッスンでは 図形上の点を正確に指示する機能、 オブジェクトスナップを学習します。 Auto CAD LT は 非常に高い精度を持っています。 そのため2つの線分を 見た目でつながっているように描いても 実際にはその線分の端点同士が 正確に一致しているとは限りません。 こちらの図形を拡大表示してみます。 コーナーがつながっているように見えますが 良く見るとご覧のように 離れてしまっています。 オブジェクトスナップは このようなことを避けるため 図形要素上の特定の点を 正確に指示するために使用します。 オブジェクトスナップによって 指示される点のことを オブジェクトスナップのモードと呼びます。 オブジェクトスナップのモードが選択され カーソルをオブジェクトに近づけると、 オブジェクトスナップのモードを示す マーカーが表示されます。 例えばご覧のような感じです。 この状態でクリックを行うと オブジェクト上に正確に 点を拾うことができるようになります。 オブジェクトスナップには2種類ありますが このレッスンではその都度 点の種類を選択して使用する 有線オブジェクトスナップの使い方を ご紹介します。 では実際に作図してみましょう。 新しい図面を作成します。 acadltiso.dwt を使用して 作成しましょう。 ではまずラインコマンドを使用して 三角形を書いてみます。 一本目、二本目を書いた後に 閉じることになります。 この時に優先オブジェクトスナップを 利用します。 Shift キーを押しながら右クリックをします。 ショートカットメニューから 「端点」を選びます。 コマンドラインには、 どこのと表示されています。 そこで最初の線分に カーソルを合わせてみます。 カーソルの位置から近い方の端点に オブジェクトスナップのマーカーが 表示されます。 書き始めの端点にマーカーが表示 されている状態でマウスをクリックします。 この時、ご覧のように端点付近を クリックする必要はありません。 マーカーが表示されていれば その場所に端点が指定されます。 端点に向かって線分が作成されました。 Enter でコマンドを終了します。 では次に三角形に対して 3節円を作成してみましょう。 円コマンドを実行します。 三角形の3つの点を通過する円を 作成しますので 三点オプションを選択します。 ここでは右クリックのショートカットメニュー から3点を選びます。 円周上の一点目というプロンプトが 表示されますので 有線オブジェクトスナップの 端点を使用して 1点目を選択します。 三角形の頂点の一か所を選択します。 二点目、三点目も同じ方法で 三角形の頂点を拾っていきます。 ご覧のように3か所の頂点を通る円を 作成することができました。 指定したその時一回限りの オブジェクトスナップが 有線オブジェクトスナップです。 正確な作図を行う上で、 オブジェクトスナップを駆使することが 重要になります。 このレッスンでは、有線オブジェクトスナップ の使い方を学びました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。