AutoCAD LT 2017 基本講座

作図補助設定を使用する 極トラッキング

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、正確な方向を指示できる機能、極トラックングについて説明します。
講師:
05:30

字幕

このレッスンでは極トラッキングについて 説明します。 作図において正確な方向が 指示できるようになります。 極トラッキングは、予め設定された 間隔角度の設定に基づき 作図領域上にガイドラインを表示して カーソルの方向を制御します。 ステータスバーの極トラッキングボタン を使用して 機能のオン・オフを行うことができます。 また、function キーの F10 キーを使用しても オン・オフの切り替えが行えます。 フライアウトでは間隔角度の 設定が行えます。 トラッキングの設定を選択すると 「作図補助設定」ダイアログの 「極トラッキング」タブが 表示されます。 ここではドロップダウンリストから 増分の値を設定することができます。 また、方向角度を追加することもできます。 例えば45度間隔の 角度に加えて 60度方向にも、という風に 設定ができます。 この時の角度方向は 作図領域左下の UCSアイコンで示された X軸、正方向を0度として 左回りに計測されます。 従ってY軸、正方向が 90度の位置ということになります。 また、マイナスを付けることにより 右周りにすることもできます。 従ってY軸の負の方向は 270度であると同時に マイナス90度方向でもあります。 これは AutoCAD LT での 操作全般を通じて 方向角度を考える際の ルールとなっています。 では極トラッキングを使用して 作図してみましょう。 acadltiso.dwt というテンプレートを使用して 開始します。 ラインコマンド、線分コマンドを実行します。 1点目は任意の位置をクリックします。 ステータスバーの極トラッキングが オンであることを確認します。 もしオフになっている場合は この段階でも切り替えることが出来ますので こちらのステータスバーで 確認をしましょう。 カーソルを水平方向に持っていくと ガイドラインが表示され カーソルが水平位置に ホールドされた状態になります。 極トラッキングは方向のみを 制御するものですので 線分の長さは今回は 数値入力することにします。 この入力方法は直接距離入力 と呼びます。 キーボードから 100 と入力して Enter すると 長さ 100 の水平線が作成されます。 次にカーソルを移動すると 90度方向でカーソルがホールドされます。 キーボードから 75 と入力して Enter を押します。 続いてカーソルを水平方向に向けて 100 と入力します。 Enter を押します。 最後にもう1本、直線を書いて 四角形を閉じますが 今回はオブジェクトスナップの 端点を使いましょう。 図形ができたら Enter を押して ラインコマンドを終了します。 次に1辺が 80 の正三角形を 書いてみましょう。 再度ラインコマンドを実行します。 1点目は任意の位置を クリックしましょう。 コマンドを実行している最中でも 極トラッキングの設定が変更できます。 正三角形ですので、ステータスバーの 極トラッキングフライアウトを使用して 間隔角度を30度に変更してみます。 カーソルを水平方向に向けて 80 と入力します。 次にカーソルを左斜め上 120度方向に向けます。 30度間隔でガイドラインが 表示されるのが確認できます。 120度方向でカーソルがホールドされたら 80 と入力して Enter します。 最後はオブジェクトスナップの端点で 三角形を閉じて Enter で終了します。 このレッスンでは 極トラッキングの使い方 そして直接入力について 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。