AutoCAD LT 2017 基本講座

作図補助設定を使用する オブジェクトスナップトラッキング

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトスナップで特定される図形上の点を基点に作図を行なうことができるオブジェクトスナップ トラッキングについて説明します。
講師:
04:44

字幕

このレッスンでは オブジェクトスナップトラッキングについて 説明します。 オブジェクトスナップで特定される 図形上の点を起点に 作図を行うことができます。 オブジェクトスナップトラッキングは オブジェクトスナップを利用して 位置合わせ点というマーカーを 表示させるものです。 そしてそこから極トラッキングの ガイドラインのような 位置合わせパスを表示させることで カーソルをスナップさせることができます。 ステータスバーの オブジェクトスナップトラッキングボタンが オンの時に この位置合わせ点は 定常オブジェクトスナップのマーカーに カーソルをピッタリ合わせることで 表示されます。 位置合わせ点として 十字の点が その位置に表示されます。 再度カーソルを合わせると 位置合わせ点は解除されます。 位置合わせ点から位置合わせパスが 水平・垂直方向に表示されます。 では、実際に オブジェクトスナップトラッキングを使用して 作図を行ってみましょう。 新しい図面ファイルを作成します。 テンプレートファイルは acadltiso.bwt を使用します。 作図を開始する前に 定常オブジェクトスナップ 極トラッキング、 オブジェクトスナップトラッキングが ぞれぞれオンになっていることを 確認します。 また、極トラッキングの間隔角度は 90度にします。 そして定常オブジェクトスナップの モードとして 「端点」が選択されていることを 確認します。 では線分、ラインコマンドを実行します。 一点目は任意の位置をクリックします。 カーソルを垂直下方向に向けて 線分の長さを 100 と入力し Enter します。 表示が小さい場合は 窓ズームをうまく使って 拡大表示しておきます。 次に水平右方向にカーソルを移動して 線分の長さを 150 とし Enter します。 次に右側の辺を オブジェクトスナップトラッキングを使用して 作図します。 カーソルを線分の開始点の 位置に合わせます。 この時、クリックはしません。 カーソルを載せるだけです。 その後、カーソルを右に動かすと 十字の位置合わせ点から 位置合わせパスが表示されます。 極トラッキングで表示される 90度方向のガイドラインと 位置合わせパスの交点に カーソルを合わせてクリックします。 この様にオブジェクトの点から ガイドラインを表示させることができます。 では続けて水平左方向に 50 の長さで線分を作成します。 更に垂直下方向へ 50 水平左方向に 50 の長さで 線分を作成します。 では次に上辺の長さまで 線分を作成しますが オブジェクトスナップトラッキングで 位置合わせ表示を使用します。 この時、定常オブジェクトスナップの 延長モードがオンになっていると 線分の延長線上の位置も ガイドラインとして使用できます。 ガイドラインの交点にカーソルを合わせて クリックします。 最後はオブジェクトスナップを利用して 形状を閉じてコマンドを終了します。 この様にオブジェクトスナップトラッキング を使用すると 作図の際にすでにある図形を利用して 効率よく作図することができます。 このレッスンでは オブジェクトスナップトラッキングの 使い方について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。