AutoCAD LT 2017 基本講座

オブジェクトの作成(ポリライン、長方形、ポリゴン)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の頂点を持つ複合図形をポリラインと言います。このレッスンでは、ポリラインの作成について説明します。
講師:
06:46

字幕

複数の頂点を持つ複合図形のことを ポリラインと言います。 このレッスンではポリラインの 作成について説明します。 実際にポリラインを作図してみましょう。 新しい図面を作成します。 テンプレートファイルには acadltiso.dwt を使用します。 リボンの「ホーム」タブ 作成パネルに 長方形のボタンがあります。 このフライアウトを開いてみます。 長方形コマンドはポリラインによる 長方形オブジェクトを作成します。 既定では長方形の対角2点の位置を 指示することによって作図できます。 「ポリゴン」コマンドは ポリラインによる 正多角形オブジェクトを 作成します。 ではまず長方形を作成してみます。 長方形ボタンをクリックします。 コマンドを実行すると コマンドラインには 「一方のコーナーを指定」 と表示されます。 このプロンプトに対して オプションの選択により 作成される長方形オブジェクトの特徴を 設定できます。 「面取り」や「フィレット」オプションを 使用することにより 4つの角を切り落としたり 丸みをつけたりすることができます。 また「幅」オプションでは 作成する線に太さを与えて 作図することができます。 では、長方形のコーナーの 一点目をクリックします。 「もう一方のコーナーを指定」 と表示されます。 ここでは面積やサイズといったオプション により作図方法を変更できます。 長方形の面積や高さ、幅の値を指定して 長方形を作成することができます。 では、ここでは簡単な手法で サイズを数値入力してみます。 100 × 75 の長方形を作成します。 キーボードで 100 カンマ 75 と入力して Enter します。 長方形が出来上がりました。 次にポリゴンコマンドを使用して 正五角形を作成しましょう。 リボンの「ホーム」タブ 作成パネルから ポリゴンボタンをクリックします。 コマンドを実行すると コマンドラインに 「エッジの数を入力」 と表示されますので 5 と入力して Enter します。 次に「ポリゴンの中心を指定」 と表示されます。 この時に「エッジ」オプションを選択すると 辺の長さを指定して 正多角形を作図できます。 今回は任意の位置を正多角形の 中心としてクリックします。 次に内接、外接 いずれかを選択します。 この後で指定する半径値が 内接する多角形なのか外接する多角形なのか という意味です。 ここでは「内接」を選択します。 最後に「円の半径を指定」 と表示されます。 「内接」オプションを選択しているので 多角形の中心から 頂点までの長さを 指定することになります。 100 と入力して Enter すると 正五角形ができあがります。 ポリラインコマンドというものがあります。 複数の点を指定することにより ポリラインオブジェクトを作成できます。 ポリラインは複数の頂点を持つ 1つのオブジェクトで 線分だけではなく、円弧を含めて 作成することもできます。 ではスロット形状を作成してみます。 リボンの「ホーム」タブ 作成パネルから 「ポリライン」ボタンをクリックします。 既定のオプションでは ラインコマンドのように 始点を指定した後、連続して点を指示し 複数の直線セグメントからなる 単一のポリラインを作成することができます。 2点目以降の点を指示する際には いつでも円弧、長さ などのオプションの選択により 直線セグメント、円弧セグメントを 切り替えながら ポリラインを作成できます。 では、始点は任意の位置をクリックします。 水平右方向に長さ 100 で ポリラインの線分セグメントを作成します。 次に円弧セグメントに切り替えます。 オプションで「円弧」 を選択します。 カーソルを動かすと 円弧のプレビューが表示されます。 カーソルを垂直上方向に向けて 50 と入力して Enter します。 これで直径 50 の 円弧セグメントが作成されました。 次は線分セグメントに戻しますので 「線分」を選択します。 オブジェクトスナップトラッキングを使用して 水平方向に向かって 最初に描いた線分セグメントと 同じ長さになるように描きます。 最後は円弧オプションに変更し その後「閉じる」オプションを 選択することで 自動的に図形を閉じることができます。 この様にポリラインを使用すると 長方形や正多角形 直線と円弧を組み合わせた形状を 簡単に作成することができます。 このレッスンではポリラインというタイプの オブジェクトの 作成方法について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。