AutoCAD LT 2017 基本講座

画層のコントロール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画層には表示/非表示やロックなどいろいろな状態があります。このレッスンでは画層の状態をコントロールする方法を説明します。
講師:
04:44

字幕

画層には表示・非表示や ロックなど、いろいろな状態があります。 このレッスンでは画層の状態を コントロールする方法を説明します。 実際に ControlLayer.dwg という図面ファイルを開いて 画層の操作を行ってみましょう。 リボンの「ホーム」タブ 画層パネルに 「画層コントロール」と呼ばれる ドロップダウンがあります。 ここで選択されている画層が 現在の画層となり これから新しく描くオブジェクトは その画層に作成されます。 画層コントロール内には 幾つかのアイコンが表示されています。 これらのアイコンで画層の状態を コントロールすることができます。 画層の表示・非表示は 電球のアイコンで示されています。 非表示にした画層に含まれている オブジェクトは表示領域内には 表示されなくなります。 電球のアイコンをクリックすることで 表示・非表示を切り変えることができます。 非表示の画層は 表示コントロール内では 消えた電球の表示になっています。 再びクリックして、表示状態を 元に戻すことができます。 表示状態では電球のアイコンが ついた状態になります。 現在の画層を非表示にしようとすると 警告のプロンプトが表示されます。 非表示になった画層上に オブジェクトは作成できますが 作成されたオブジェクトは 当然見えないので、それでもいいのか ということを聞いてきます。 そのまま非表示の指示を続けるか 表示のままにするかを決めて どちらかのメッセージを クリックします。 画層のフリーズは 雪の結晶のアイコン フリーズの解除は 太陽のマークのアイコンで示されます。 表示・非表示と似ていますが フリーズされた画層のオブジェクトは 表示されない上に、画面の表示処理において 対象外になります。 これにより画面操作におけるパフォーマンスを 向上させることができます。 現在の作業に不要で しばらく使わない、という画層は フリーズするのが効果的です。 但し、画層のフリーズが解除されると そのが画層上のオブジェクトに対して 再作図の計算が行われるため 表示に時間がかかる場合があります。 また、現在の画層をフリーズすることは できません。 画層をロックすることができます。 鍵のアイコンで示されています。 鍵がかかった状態のアイコンが ロックされている状態です。 画層をロックすることで 誤って画層を編集してしまうことを 防止することができます。 ロックされた’画層上のオブジェクトは 薄くフェード表示されて 視覚的にも判別できます。 現在の画層をロックすることもできます。 この場合ももちろん オブジェクトを編集することはできませんが 新たに作成することはできます。 また、オブジェクトスナップの 対象とすることもできます。 このレッスンでは画層コントロールの使い方と 画層の状態について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。