AutoCAD LT 2017 基本講座

オブジェクトの選択と削除

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの選択方法について説明します。編集対象となるオブジェクト群を的確に選択できるようになります。
講師:
07:22

字幕

このレッスンではオブジェクトの 選択方法について説明します。 編集対象となるオブジェクト群を 的確に選択できるようになります。 合わせて、オブジェクトの削除の 方法についても説明します。 Selection という名前の ファイルを開きます。 オブジェクトの編集コマンドを実行する時 コマンドラインには 「オブジェクトを選択」という プロンプトが表示されます。 ここではオブジェクトを削除する コマンドの説明を兼ねて オブジェクトの選択方法を説明します。 オブジェクトの削除は ERASE 削除コマンドを使用します。 削除コマンドはリボンの 「ホーム」タブ 「修正」パネルにあります。 コマンドを実行すると 「オブジェクトを選択」と表示されます。 同時にカーソルは ピックボックスに変わります。 最も簡単なオブジェクトの選択方法は オブジェクトを直接クリックして 選択する方法です。 これはピック選択と呼びます。 Windows の標準的な動作と異なり Auto CAD LT では オブジェクトを順にピック選択しても 直前の選択は解除されず 連続して複数のオブジェクトを 選択することができます。 選択したオブジェクトは 削除のプレビュー表示となります。 選択の解除をしたい場合は Shift キーを押しながら 解除したいオブジェクトを選択します。 選択したオブジェクトの表示は プレビュー表示から 元の状態に戻ります。 「オブジェクトを選択」プロンプト が表示されてる間は 何度でも選択や選択解除を 繰り返すことができます。 操作対象のオブジェクトを 選択し終えたら Enter キーを押すか 右クリックで選択を確定します。 では、削除したオブジェクトを 元に戻してみましょう。 クイックアクセスツールバーの 「元に戻す」ボタンをクリックします。 元に戻す動作は 必要なだけ何回でも実行できます。 やり直しも何回でも実行できます。 ではもう一度削除コマンドを リボンの「修正」パネルから選択します。 複数のオブジェクトを一括で選択したい場合は 選択範囲の対角2点をクリックすると 選択枠を利用した選択を行うことができます。 その際、選択枠を作る方向によって 選択の結果が異なります。 左から右へ向かって 2点をクリックして 選択枠を作った場合は 実線で囲まれた青い枠が表示されます。 そして、この枠内に完全に含まれている オブジェクトのみが選択対象となります。 この選択方法を 窓選択と呼びます。 逆に右から左へ2点クリックして 選択枠を作った場合は 点線で囲まれた緑の枠が表示されます。 そして、この枠に 完全に含まれるオブジェクト 及び枠に交差するオブジェクトが 選択対象になります。 この選択方法を 交差選択と呼びます。 ピック選択の時と同様 Shift キーを押しながら 範囲選択を行うと オブジェクトの選択解除を行えます。 マウスをドラッグすると 投げ縄選択が行えます。 不定形な範囲内のオブジェクトを 纏めて選択したい場合に便利です。 右回りに選択すると 窓選択と同じように 完全に含まれたもののみ 選択になります。 左回りに選択すると 交差選択と同じように 完全に囲まれているオブジェクトと 枠に交差しているオブジェクトの 両方を選択できます。 では選択を確定して オブジェクトを削除してみましょう。 そして削除したオブジェクトを 元に戻します。 ではもう一度削除コマンドを 「ホーム」タブの「修正」から選択します。 オブジェクトを選択する際に 図形選択オプションを 使用することができます。 これはコマンドのオプションのように キーを入力することで 特定の選択を行うものです。 例えば all と入力して Enter すると 図面内のすべての図形を 一括選択できます。 また l と入力して Enter すると 一番最後に作成されたオブジェクトを p と入力して Enter すると 直前に選択したオブジェクト群を 再度選択することができます。 Esc キーを押して 一旦キャンセルします。 では最後に最も簡単な 削除方法をご紹介します。 削除コマンドを実行せずに 削除したいオブジェクトを選択します。 そしてキーボードの Delete キーを押します。 また Delete ボタンを押す代わりに 削除コマンドをクリックしても 同じ結果が得られます。 この様に Auto CAD LT では コマンドを実行してからオブジェクトを選択 その反対にオブジェクトを選択してから コマンドを実行 どちらでも実行が可能です。 以上、このレッスンではオブジェクトの 選択方法について そして、オブジェクトの削除について 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。