AutoCAD LT 2017 基本講座

回転、尺度変更について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの回転、サイズ変更を説明します。設計変更が入っても、柔軟に対応できるようになります。
講師:
06:29

字幕

このレッスンではオブジェクトの回転、 サイズ変更を説明します。 設計変更が入っても 柔軟に対応できるようになります。 では、RotateScale という 図面を開いて実際に操作を行ってみましょう。 ローテート、回転コマンドは起点を指示した後 回転角度を入力することにより 起点を中心に 選択したオブジェクトを回転移動、 または回転複写することができます。 起点の設定では 回転移動が出来るようになっています。 回転複写を行いたい場合は、起点を指示した後 コピーオプションを選択します。 では、書斎の机と椅子の向きを 変えてみましょう。 ホームタブ>修正パネルから 「回転」ボタンをクリックします。 書斎にある机と椅子を選択します。 選択したら、Enter を押します。 回転の起点として 机背面の中点を指示します。 今回は左回りに 90 度回転させます。 回転の角度として、 90 と入力して Enter します。 このままでは、配置位置としては不適当なので ムーブコマンドで移動させます。 ムーブ、「移動」コマンドをクリックします。 同じく机と椅子を選択しますが 直前の選択セットと同じものを選びますので p と入力して Enter します。 選択を確定するためにもう一度 Enter します。 起点として今回も机の背面の 中点を選択します。 そして、上側の壁に沿うように配置しますが その際に目的点を 優先オブジェクトスナップで 近接点を使用して指示します。 近接点はオブジェクト上に 点を取る場合に使用します。 プレビューを見ながら、そして 近接点のマーカーが表示されるのを確認しつつ 丁度いいと思われる場所でクリックをします。 配置が完了します。 起点の指示の後、 参照オプションを使用すると オブジェクトを指定した方向に 合わせることができます。 参照する角度入力のプロンプトに対して 作図領域内の移転指示により 回転の基準となる方向を参照できます。 その後、新しい角度の指定プロンプトに対して 方向角度を入力できます。 ではリビングにあるソファーが傾いているので これを回転してみます。 ローテート、回転コマンドを実行します。 ソファーを選択します。 選択が完了したら、Enter です。 起点はソファー前面の中点を指示します。 右クリックで「参照」を選びます。 参照する角度として ソファー前面の傾きを拾います。 オブジェクトスナップの端点を使用して ソファーの前面の傾きを拾いました。 新しい角度を指定の プロンプトが表示されたら 90 と入力して方向を与えます。 参照する角度として指定したベクトルが 新しい角度の方向に向きます。 スケール、尺度変更コマンドは オブジェクトの実サイズを変更します。 起点を指定した後、 尺度を指定プロンプトに対して サイズ変更の倍率を入力します。 ローテートコマンドと同じく 起点を指示した後に コピーオプションを実行すると 変更したサイズで オブジェクトの複製が作成されます。 では、寝室のベッドのサイズを 変更してみます。 ホームタブの修正パネルから 尺度変更ボタンをクリックします。 オブジェクトとしてベッドを選択します。 選択が完了したら Enter を押します。 起点としてはベッドの左上の コーナーを選択します。 尺度として 0.8 を入力すると、ベッドの サイズが 80% の大きさになります。 参照オプションは、ローテートオプションと 同様の手順で 参照したサイズを指定したサイズに 尺度変更するためのオプションです。 では、ソファーの幅が 1800 に なるように尺度変更をしてみましょう。 尺度変更ボタンをクリックします。 ソファーを選択します。 起点はソファー前面の中点を指示します。 参照オプションを実行します。 参照する長さとしてソファーの幅を オブジェクトスナップを使用して拾います。 新しい長さとして、1800 を 入力して Enter します。 ソファーを若干小さくすることができました。 以上このレッスンでは、オブジェクトの回転、 サイズ変更について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。