AutoCAD LT 2017 基本講座

オフセットについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの平行複写について説明します。相似形の作成や補助線の構築が行えるようになります。
講師:
04:58

字幕

このレッスンではオブジェクトの 平行複写について説明します。 相似形の作成や補助線の構築が 行えるようになります。 では Offset という名前のファイルを開いて 実際に作業してみましょう。 鋳造部品の図面です。 オフセットコマンドでは、オブジェクトの 相似形を作成したり 平行複写を行うことが出来ます。 では初めに、上面図に対して オフセットを使用して 穴形状を作成してみましょう。 「ホーム」タブの 「修正」パネルから 「オフセット」コマンドのボタンを クリックします。 コマンドを実行すると 「オフセット距離を指定」という プロンプトが表示されます。 元のオブジェクトと、オフセットによって 作成されるオブジェクトとの 間隔距離を入力します。 今回はその距離を 10 とします。 続いて「オフセットするオブジェクトを選択」 というプロンプトが表示されます。 今回はピック選択によって 左側の円柱形上の外側を選択します。 その後「オフセットする側の点の指定」 というプロンプトが表示されます。 オブジェクトを作成する側を クリックによって指示します。 今回は内側を指定します。 オフセットを終了するには Enter を押します。 オフセットコマンドは、その距離の指定を コマンドを開始する際に行うため 距離の再指定を行うには コマンドを一度終了して 再度実行する必要があります。 Auto CAD LT では、コマンドの終了後 Enter キーを押すことにより 直前に実行したコマンドを 繰り返すことができます。 つまり、オフセットコマンドでは オフセットの操作を終了後 Enter キーを2回押すことにより オフセットの動作を 繰り返すことが出来るということです。 距離の指示ではなくオフセットオブジェクトが 通過する点を指示する 通過点オプションを設定して オフセットを行うこともできます。 ここでは中心線を他の穴や スロット形状に合わせて オフセットしてみましょう。 「通過点」オプションを使用します。 オフセットするオブジェクトとして 正面図の中心線を選択します。 今回は3か所オフセットしますので 一括オプションを使用して 選択した中心線を連続して オフセットします。 通過点として円弧や円の 中心点を指示します。 3か所選択が終わったら Enter を押してコマンドを終了します。 オフセットコマンドには、その他 元のオブジェクトを削除する 「消去」オプションや オフセットされたオブジェクトの 配置画層を設定する 「画層」オプションもあります。 では「画層」オプションを使用して 穴の隠線を作成してみます。 画層コントロールから 現在の画層を「隠線」に切り替えます。 オプションは「画層」を選びます。 オフセットしたオブジェクトを 配置する画層は 現在の画層か元のオブジェクトかを 選択することができます。 今回は現在の画層を選びます。 そして「通過点」オプションを 使用します。 オフセットするオブジェクトは 正面図、一番右側の外形線です。 今回も「一括」オプションを使用します。 上面図の穴やスロットの円弧と 中心線との交点を選択していきます。 4か所選択できたら 一旦 Enter を押して終了します。 今度はオフセットするオブジェクトとして 正面図、左側の垂直線を選びます。 上面図の穴を表す円と 中心線との交点2か所を選びます。 Enter を押して 作業を終了します。 このレッスンではオブジェクトの 平行複写について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。